ダイレクト自動車保険について

近年、テレビや雑誌、新聞などでよく見かけることがあるダイレクト型自動車保険と言う文字。

 

通販型自動車保険とも言いまして、インターネットや電話などを通して加入することになるタイプです。

 

これまでの保険と言いますと、そもそもは保険販売を専門にしている代理店や自動車ディーラーなどから加入することが一般的だったと言っても良いでしょう。

 

ダイレクト型自動車保険は、1996年から始まった金融政策によって保険の自由化が進んだ結果、1997年に日本ではじめて販売されることになりました。

ダイレクト型保険の特徴

 

こちらの保険の特徴と言いますと、なんと言っても店舗がないと言うことでしょうか。

 

その分、経費がかからなくなりますので保険料を安く済ませることが出来ると言うことが大きな特徴です。

 

どこの会社の保険に加入しようかと選ぶ際には、保険会社に対する信頼や安心感が重要な要素であると言っても良いでしょう。

 

その点で、ダイレクト型は店舗がないだけに敬遠してしまう方も少なくありません。

 

では、ダイレクト型の保険と実店舗のある保険とでは、どのくらい料金が異なってくるのでしょうか。

 

保険は、ユーザーの運転歴や車などによっても大きく保険料が異なってくるので、一概には言えませんが、店舗型と比較すると、やはり同程度の内容でも年間にして数万円の違いが出てくるようですね。

 

特に、年間の走行距離が3000キロ以下であるように、車の利用頻度が少なかったりするなどの条件によっては、かなり保険料を安くすることが出来ます。

 

ダイレクト型保険をお勧めしたい方とお勧めしない方

ダイレクト型自動車保険をお勧めしたい方としては、車の利用が週末だけと言った方、年間の走行距離が短い方、ゴールド免許を保持している方、などをあげることが出来ます。

 

反対に、ダイレクト型自動車保険に向いていないと言う方は、年間の走行距離が長距離である方、過去に事故を何度か起こしている方、法人での契約、特殊車両である1ナンバーや8ナンバーの車を所有している方になります。

ダイレクト型自動車保険のメリット

 

これまでの自動車保険と言えば、保険会社の窓口や営業員とのやり取りから契約するのが普通でしたが、最近ではダイレクト型が増えてきています。

 

ダイレクト型とは、インターネットから申し込みができる保険のことで、24時間好きな時間に好きな場所から手続きができるメリットがあります。

 

手続きが便利なだけではなく、保険料が安いこともメリットの一つとなっています。

 

保険料が安いということで事故対応などのサービスに不安を感じる人も多く、知名度のわりには利用者が少ないとも言えます。

 

一般にダイレクト型を扱っている保険会社は、大手企業やグループ規模の大きな外資系などが多く、信頼性に関して不安を持つ必要は無いと言えます。

 

ダイレクト型の保険料が安いのはネットショップなどと同じで、店舗の維持費や人件費などを削減できるためで、付加保険料を安く抑えることができる点にあります。

 

安かろう悪かろうではなく、純粋にコストが削減できることにより低価格な保険料を実現しているのです。

 

ダイレクト型自動車保険の最大の特徴は、ネットから自分で申し込みをすることにあります。

 

保険に関する知識も無く保障内容に関しても理解できていない人には、自分一人で手続きを行うダイレクト型には不安を覚えると思います。

 

しかしダイレクト型では、シンプルで分かりやすい保険を主体に扱っていることがほとんどで、申し込み手続きで不安になるようなことはほとんど無いと言っていいほどです。

 

ですから保険料を低く抑えたい場合には、ダイレクト型自動車保険が最適なのです。

 

ダイレクト自動車保険各社の特徴を比較しよう記事一覧

自動車保険の他にバイク保険、ペット保険、入院手術保険に傷害保険と私たちの生活をトータルに補償してくれるアクサダイレクトは世界最大級の保険グループの一社です。アクサダイレクトは、グローバル・ブランドランキング保険ブランド世界1位に輝くなど、実力、知名度共に高いので誰もが一度はその名前を聞いたことがある...

万が一のときにしっかりした対応をして欲しい自動車保険。どこも同じと思われがちですが、実際は保険会社によって若干対応が異なるといわれています。そんな中、自動車保険を選ぶならと高い評判を得ているのがソニー損保です。顧客アンケートでおよそ80%が満足していると回答し、保険会社のアフターサービス満足度ランキ...

チューリッヒは、スイスのチューリッヒ市を本拠とする世界規模の保険グループです。ヨーロッパ、北米、中南米、アジア、中東など170カ国でサービスを展開し、質の高いサポートをしてくれると非常に高い評判を得ています。チューリッヒの自動車保険では、ダイレクト系自動車保険の利点である中間コストの軽減はもちろんの...

保険料が安くなるシステムとして、今や定番となったリスク細分型の自動車保険。この画期的なシステムを初めて導入したのが、アメリカンホームダイレクトです。アメリカ、ニューヨークを本拠とするアメリカンホームダイレクトは、独自のリスク細分型システムにより車の使用目的や走行距離などから保険料を合理的に算出し、自...

しっかりした補償もほしいけど、やっぱり毎月の保険料は抑えたい…そんな人にお勧めなのがSBI損保の自動車保険です。SBI損保の自動車保険は、開業以来急激に契約者数を伸ばし、楽天、週刊ダイヤモンド、オリコン、価格.COMなど数々のメディアで自動車保険人気ランキング1位に輝く実績を誇っており、ダイレクト型...

さまざまな専門用語に、複雑なシステム、自動車保険ってむずかしい!と思っていませんか?確かに自動車保険選びでは、普段使い慣れない言葉が飛び交いますので最初はとっつきにくいかもしれませんが、一つ一つをしっかりと理解することで更にお得な保険料となることもあるのです。東京海上グループのイーデザイン損保はそん...

車に乗るために必ず必要になる自動車保険。いざというときには大きな助けとなってくれますが、どうしてこんなに高いの?と納得できない思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。そんぽ24では、納得の保険料で安心のサポートをスローガンに掲げ、誰もが満足できる保険料と充実したサポートを提供してくれます。...

ダイレクト型の自動車保険の中でも三井ダイレクトの保険料の安さは抜きん出ていると評判であり、低価格と充実したサポートの両立ができるとして初心者からベテランドライバーまで幅広く支持されています。三井ダイレクトの自動車保険は、豊富なサービスが特徴であり、どんな対応にも対処できるプロフェッショナルな事故サー...

防犯や警備で知らない人はいない有名会社のセコム。このグループ会社として自動車保険を展開しているのがセコム損保です。非常事態に安心できると多くのダイレクト型自動車保険会社に大差をつけてセコム損保の自動車保険が人気な理由は、24時間365日顧客の要請に合わせて現場に駆けつけてくれるサービスを展開している...

交通事故を年代別で見たときに、20代〜30代をピークに40代、50代と徐々に減少する傾向が見られます。これは、運転や愛車に慣れるにつれて事故を起こさなくなってきたことを示していますので、40代、50代の人は1年で一度も自動車保険を使わなかったという人がたくさんいると言います。ここに注目したのが、セゾ...