40代、50代におすすめ「おとなの自動車保険」

交通事故を年代別で見たときに、20代〜30代をピークに40代、50代と徐々に減少する傾向が見られます。

 

これは、運転や愛車に慣れるにつれて事故を起こさなくなってきたことを示していますので、40代、50代の人は1年で一度も自動車保険を使わなかったという人がたくさんいると言います。

 

ここに注目したのが、セゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険であり、独自の割引制度で保険料を抑えることができるのです。

 

ほとんどの保険会社は、年齢制限時に21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上のカテゴリ分けがされており、35歳以上の場合は何歳でも保険料が一つのくくりにされています。

 

おとなの自動車保険ではここに注目し、事故の起こしにくい40代、50代に割安の保険料体系を提供しています。

 

40代、50代以外にも幅広い世代におすすめの保険です。

60代になったからといって保険料が急激に上がることもなく、年齢に特化した保険料がユニークだとしてファミリーを中心に高い評判となっており、子供が運転するようになっても、主な運転者が何歳であるかを重視していますので、家族みんなで入れる家計に優しい保険料も魅力です。

 

気になる保険内容も自身と同乗者のほか、相手への賠償にもしっかりとした補償がありますので、突然の事故時に大きな助けとなってくれるでしょう。

 

また、事故時に欠かせないロードサービス、弁護士費用、個人賠償責任など数々の補償も選べますので、保険料の内訳を確認しながら納得がいくまでシュミレーションをし、自分の好きなように組み立てられるのもおとなの自動車保険の人気の理由の一つとなっています。

 

おとなの自動車保険〜なぜ40代、50代にうれしい保険なのか?関連ページ

アクサダイレクト
ダイレクト型のくるまの保険に、アクサダイレクトがあります。ここでは、アクサダイレクトの特徴とその人気の理由について詳しく解説いたします。
ソニー損保のダイレクト自動車保険
ダイレクト型のくるまの保険の一つに、ソニー損保があります。ここでは、ソニー損保が選ばれているワケとその特徴をご紹介していきたいと思います。
チューリッヒ自動車保険
ダイレクト型の保険の一つに、チューリッヒがあります。チューリッヒの魅力ある補償内容について詳しく解説したいと思います。
アメリカンホームダイレクトの自動車保険
ダイレクト型タイプのクルマの保険の一つに、アメリカンホームダイレクトがあります。ここでは、アメリカンホームダイレクトの魅力について詳しく解説いたします。
SBI損保のダイレクト自動車保険
ダイレクト型の保険には、SBI損保があります。ここでは、SBI損保が数多くの人に支持される理由について詳しく解説いたします。
ダイレクト自動車保険のイーデザイン損保
東京海上グループのイーデザイン損保は、今人気のあるダイレクト型タイプの一つになります。イーデザイン損保について詳しく解説いたします。
自動車保険のそんぽ24
ダイレクト型の車の保険に、日本興亜保険グループの「そんぽ24」があります。ここでは、そんぽ24の魅力について詳しく解説いたします。
三井ダイレクトの自動車保険
ネットで簡単に申し込めるクルマのダイレクト保険に、三井ダイレクトがあります。幅広く支持されているその理由を詳しく解説いたします。
セコム損保のくるまの保険
セコム損保は、ダイレクト型のクルマの保険です。ここでは、セコム損保の魅力と女性に人気のある理由について詳しく解説いたします。