日本興亜損保の魅力ある補償内容

日本興亜損保の自動車保険は、対人賠償保険対物賠償保険、人身傷害保険、車両保険、運搬納車費用を基本補償として、その他のオプションと組み合わせて自由に設定できます。

 

日本興亜損保の自動車保険のレッカーサービスは、50kmまで、トラブルの応急修理サービスが無料で利用できるほか、さらに自宅から50km以上離れた場所での事故や故障で、自力走行が不能になった場合の宿泊や帰宅にかかる費用を所定額を限度にサービスしてくれるなどサポートも充実しています。

 

また、オプションとして買替時諸費用補償特約というのがあり、全損になった場合などに車を買い換える諸費用を限度額40万円補償をしてくれる特約で、これは日本興亜損保の特徴的なサポートと言えるでしょう。

 

日本興亜損保の自動車保険は、保険料の安さや事故対応に一定の評価があります。

 

自動車保険の豆知識

一般的な自動車保険は免責事項があり、地震や噴火、津波などの災害時の補償が受けられない事になっています。

 

しかし、保険会社によりますが、同乗者や車両保険に地震災害などを補償する特約があります。

 

あまり一般的には知られておらず、大きな災害があった場合は加入できない場合もあります。

 

興味がある場合は、保険会社に問い合わせてしてみるといいでしょう。

 

また、保険料が高いため入っていない人も多い車両保険ですが、車が盗難された場合は車両保険に入っていれば補償を受けることが出来ます。

 

新車から3年程度は、車両保険をつけていた方が安心かもしれません。

 

ただ、キーを付けたままにしていたなどの加入者の過失があった場合は、補償を受けることができません。

 

また、車の価値は年々下がっていきますから、車両の経過年数で車両保険を見直すことをおススメします。

 

日本興亜損保の自動車保険の魅力ある補償内容関連ページ

あいおいニッセイ同和損保〜クルマの保険
代理店型のくるまの保険の一つに、あいおいニッセイ同和損保があります。この会社の特徴と評判について詳しく解説したいと思います。
損保ジャパンの自動車保険
代理店型のクルマの保険には、損保ジャパンがあります。ここでは、損保ジャパンの特長について詳しく解説いたします。
東京海上日動〜自動車の保険
代理店型のくるまの保険には、東京海上日動の自動車保険があります。ここでは、東京海上日動の特長について詳しく解説いたします。
富士火災の自動車保険
くるまの代理店型保険の一つに、富士火災があります。ここでは、富士火災の商品の特徴について紹介しますので、比較の際にお役立てください。
三井住友海上のクルマの保険
代理店型タイプのくるまの保険に三井住友海上があります。ここでは、三井住友海上が多くの人に選ばれるその魅力について詳しく解説いたします。
AIU保険の自動車保険
代理店型保険タイプに、AIU保険があります。ここでは、AIU保険の魅力ある保険内容について解説いたしますので、比較の際の材料にしてください。
共栄火災の自動車保険
代理店型の保険の一つに、共栄火災があります。共栄火災で扱っているプランの特徴や口コミなどについて紹介していきたいと思います。
全労済のマイカー共済
全労済のマイカー共済は、代理店型タイプの一つになります。ここでは、全労済のマイカー共済の特徴と口コミについて詳しく解説いたします。
JAの自動車共済
JA共済でも車に乗る方のための任意保険が準備されています。JAの自動車共済の最大の特徴について確認してみましょう。