東京海上日動の保険内容

東京海上日動の自動車保険には、3つの基本補償と3つの基本特約からなるトータルアシスト自動車保険があります。

 

相手への補償である対人賠償責任保険や対物賠償責任保険、加入者や家族・同乗者の補償となる人身傷害保険や傷害一時金保険、契約した車の補償である車両保険などが基本補償となり、さらに、オプションでもらい事故にあった場合の弁護士費用特約、地震や津波などによる車の補償などの様々な特約があります。

 

また、ロードアシスト、事故防止アシスト、事故現場アシスト、メディカルアシストの4つのサービスが無料で利用できます。

ロードアシストの内容と会社の評判

東京海上日動の自動車保険のロードアシストは、修理工場までのレッカー搬送は1回の事故につき10万円を限度に補償してくれます。

 

また、バッテリー上がりなどのトラブルにより走行不能になった場合には30分程度の応急対応サービスがあります。

 

JAF会員の場合は、作業料超過分は東京海上日動の負担になります。

 

ただし、部品代や消耗品代は自己負担になります。

 

東京海上日動の自動車保険の評判としては、料金が高いと言う声があります。

 

事故対応では、良い悪いの意見が分かれており平均的でしょう。

自動車保険を選ぶときの目安

保険会社を選ぶ際の目安となるのが、格付けです。

 

保険料の安さや事故対応の良さも大事ですが、保険会社が破たんしてしまっては補償を受ける事もできません。

 

ですから、保険会社の経営状況も念頭に置いた自動車保険選びをしていきましょう。

 

格付けで最も代表的なのが保険財務力格付けで、S&P社の場合はAAAが最高ランクであり、それ以下AA、A、BBB、BB、と下がっていきます。

 

また、格付け会社には複数あり、評価はその会社によって違う場合もありますから複数の格付けを比較するのがいいでしょう。

東京海上日動の自動車保険で安心なカーライフを関連ページ

あいおいニッセイ同和損保〜クルマの保険
代理店型のくるまの保険の一つに、あいおいニッセイ同和損保があります。この会社の特徴と評判について詳しく解説したいと思います。
損保ジャパンの自動車保険
代理店型のクルマの保険には、損保ジャパンがあります。ここでは、損保ジャパンの特長について詳しく解説いたします。
富士火災の自動車保険
くるまの代理店型保険の一つに、富士火災があります。ここでは、富士火災の商品の特徴について紹介しますので、比較の際にお役立てください。
三井住友海上のクルマの保険
代理店型タイプのくるまの保険に三井住友海上があります。ここでは、三井住友海上が多くの人に選ばれるその魅力について詳しく解説いたします。
AIU保険の自動車保険
代理店型保険タイプに、AIU保険があります。ここでは、AIU保険の魅力ある保険内容について解説いたしますので、比較の際の材料にしてください。
日本興亜損保のくるまの保険
代理店型タイプの保険の一つに、日本興亜損保のくるまの保険があります。ここでは、日本興亜損保の魅力ある補償内容について解説いたします。
共栄火災の自動車保険
代理店型の保険の一つに、共栄火災があります。共栄火災で扱っているプランの特徴や口コミなどについて紹介していきたいと思います。
全労済のマイカー共済
全労済のマイカー共済は、代理店型タイプの一つになります。ここでは、全労済のマイカー共済の特徴と口コミについて詳しく解説いたします。
JAの自動車共済
JA共済でも車に乗る方のための任意保険が準備されています。JAの自動車共済の最大の特徴について確認してみましょう。