自分のニーズに合った自動車保険を選ぶには

自動車保険には、損害保険会社(代理店直販)が取り扱うものと、インターネットや電話のみで申し込めるダイレクト通販の2種類があります。

 

一般に、代理店取扱いのものは料金が高く、ダイレクト通販は保険料が安く節約ができる、という印象をお持ちではないでしょうか。

 

代理店型の担当者とのお付き合いもあって、ずっと継続していた保険を節約を意識し、ここ最近はダイレクト通販の自動車保険を利用していました。

 

ですが、ある出来事を経験し、代理店直販の保険に戻すことになりました。

 

その出来事についてお話させて頂きたいと思います。

 

ある日、家族が自転車同士の事故に遭い、双方がケガを負ってしまいました。

 

たまたま我が家は火災保険に「個人賠償責任保険」を付帯していたので、相手方のケガに補償金を支払うことができました。

 

当方のケガは会社の保険から支払われましたが、その費用は相手方に請求されるものです。

 

が、保険機構から請求を受けた相手方は、支払う意思がないと我が家に抗議をしてきたのです。

 

自動車保険には、色々な特約があります。

 

一見関係ないように思える特約でも、自動車事故以外にも適用されることが多いのです。

 

例えば、個人賠償責任保険は単独で加入すると高額ですが、特約付帯ならば年間数千円以内で済みます。

 

交通乗用具特約は、自転車やエスカレーターなどの乗り物に乗っているときの自分のケガを保証する特約です。

 

弁護士費用特約は、もらい事故の際、事故相手(の保険会社)と直接交渉する精神的負担を軽減してくれるでしょう。

 

我が家に起きた自転車事故にも適用されたはずです。

 

ダイレクト通販保険の更新時期になり特約を調べた結果、十分な特約が得られないことがわかりました。

 

ダイレクト自動車保険へ加入するのであれば自分自身が保険に詳しくなり、どんな補償が必要であるかを明確にしておく必要がありそうです。

 

代理店型の保険であれば、保険について詳しくならずとも細かく保険の補償について担当者が説明をしてくれますし、実際の事故の対応もスムーズです。

 

節約をとるか、費用が多くかかっても安心を取るか。

 

多種多様の商品の中から、自分のニーズに合った自動車保険を選んでください。

ニーズに合った自動車保険の選び方関連ページ

代理店型と通販型の違い
くるまに乗ってる人は誰もが事故を起こす可能性があります。ここでは、代理店型と通販型の保険の違いについてご説明いたします。
代理店型タイプのメリットとデメリット
くるまの保険の中には、代理店を通して契約をする商品があります。ここでは、代理店型保険のメリットとデメリットについて情報を提供いたします。
通販型のくるまの保険〜メリットとデメリット
最近では、ネットで申し込みの出来る通販型保険を選ぶ方が増えてきています。ここでは、通販型のくるまの保険のメリットとデメリットについて情報を提供いたします。
通販型タイプは料金が安いのでおすすめ
くるまの保険料を安くしたい方は、最近加入者が増えている通販型がおすすめです。ここでは、通販型の保険料の安さの理由についてご説明いたします。
ロードサービスの有無を確認しよう
不慮の事態に備えるために、くるまの保険に加入する時にはロードサービスの有無も必要になります。ここでは、ロードサービスの内容についてご説明します。
自動車保険の比較ポイントとは?
クルマの保険を選ぶ際に何を比較すれば良いか分からないと思います。ここでは、選ぶ際に比較したいポイントについて情報を提供いたします。
一括見積もりを上手く活用しよう
くるまの保険の一括見積もりを使うことで、比較することも出来、自分に合ったプランにすることが出来ます。上手に活用するポイントについて解説いたします。