自動車は自然災害の影響を受ける可能性もあります

毎年、夏から秋にかけては梅雨や台風の影響で天気が不安定になり、大雨や洪水が続くことも珍しくありません。

 

特に洪水となると家屋の浸水に注目されがちですが、住居に浸水の危険性があれば車は水没の危険性があることを忘れてはいけません。

 

車はとてもデリケートですので、マフラーから水が大量に入ってしまうと致命傷であるエンジンを壊してしまう可能性もあるのです。

 

やっと水が引いたと思ったらエンジンがかからないと困惑する人は多く、修理不能の全損車として廃車を余儀なくされるケースもあります。

 

車が使えなくなっただけでも一大事ですが、ローンも残っているとすればそのショックは計り知れません。

 

まして廃車をするにもお金がかかり、次の車の購入費用も合わせると莫大な出費となってしまいます。

 

自動車保険は水害も補償してくれるのか?

上記のような場合で車が使えなくなったケースでは自動車保険が出ることが多いので、修理が可能なのかまた新しく車を購入しないといけないのかを確認しましょう。

 

台風や水害についての補償は自動車保険会社によって異なり、一般条件のオールリスクをつけていれば補償、またエコノミー車両保険をつけていれば可能などの条件があり、水害時の全補償を特約として設けているところもあります。

 

また、加入しているプランや車種によっては保険料支払いの対象外となることもありますので、保険加入時に担当者に詳しく聞いてみることをお勧めします。

 

また、地震や噴火による津波災害への補償をしてくれるところはなく、地震噴火津波特約として独立していますので不安なようであればつけておくといいかもしれません。

自動車保険は台風や水害も補償してくれる?関連ページ

車の盗難で自動車保険は適用される?
車を所有していれば盗難に遭う可能性もあります。では、盗難にあった場合、加入している保険で補償されるのでしょうか?こちらで確認をすることが出来ます。
くるまの保険等級は家族に引き継げる?
くるまに乗っている方は保険に加入すると、等級付けが必ずされます。では、この等級を家族に引き継ぐことは出来るのでしょうか?ここで詳しくご説明いたします。
保険会社を変えたら等級はどうなるの?
契約しているクルマの保険会社を変えようと考えている方もいると思います。では、会社を変えたら等級はどうなるのでしょうか?
車に乗らなくなったら契約している保険はどうする
生活環境の変化で車に乗らなくなることもあります。では、乗らなくなった場合、加入しているクルマの保険はどうすれば良いのでしょうか?
自動車保険の更新
クルマの保険の更新は忘れずに行いたいものです。では、うっかり更新を忘れてしまったらどうすれば良いのでしょうか?ここで詳しくご説明いたします。
車を買い替えたら?
車の買い替えを考えている方もいると思います。では、車を買い替えたら保険はどうすれば良いのでしょうか?ここで詳しくご説明いたします。
自動車保険から代車は出るのか?
自分が気を付けていても危険は向こうからやってきます。では、事故に遭遇した場合に車の保険から代車は出してもらえるのでしょうか?
セカンドカーを購入したら?
毎月、毎年の保険料が高いという印象をお持ちの方もいると思います。では、セカンドカーを購入した際はどうなるのでしょうか?