安全装置が付く車を選択して保険料を安くしよう

自動車保険の保険料を何とか経済的に押さえたい、誰もが持つ願望でしょう。

 

ところが、実際に保険料を下げる方法が確実に存在するのです。

 

とは言え、盲点になっているのか、意外にご存じない方々が数多く見受けられます。

 

それでは、自動車保険の保険料は、どうすればお得になるのでしょうか?

 

それは、安全装置が付く車を選択する事に他なりません。

 

結局の所、安全な車に乗れば自動車保険料は安くなるのです。

 

なぜでしょうか?

 

車の安全性が高まれば、当然の事ながら事故に遭う危険性は低くなります。

 

この点に着目し、保険料を下げる保険会社が増えたという事です。

安全性能の高い車とは?

 

安全性能が高いのはどんな車なのでしょうか?

 

それは、エアバックや衝突安全ボディなど、安全装置が付いた車を指すのです。

 

まず、エアバッグ装着車割引についてご説明してまいりましょう。

 

エアバックが運転席に付いていれば、衝突事故の際に受傷する危険度が下がるため保険料がその分だけ割り引かれます。

 

但し、割引率は一般的には、搭乗者傷害保険料、あるいは人身傷害保険料の10%に過ぎません。

 

ただ、自動車保険会社によっては、運転席だけではなく、助手席にもエアバッグが付いた車に、即ちデュアルエアバッグに更に高い割引率を適用するプランがあります。

 

次に、衝突安全ボディにまいりましょう。

 

これは、自動車が建物に突っ込む、もしくは自動車同士がぶつかる、こうした衝突事故の衝撃を吸収する、そんなボディーで製造された車を指します。

 

搭乗者傷害補償保険、人身傷害補償保険が対象で、自動車の場合で、割引率は10%前後です。

 

この他にも、ABS装着車割引、横滑り防止装置、イモビライザー(盗難防止装置)など、安全装置には幾多の種類が存在します。

 

安全装備車に乗って割引の特典を活用し、賢い消費者になろうではありませんか。

 

安全装置が付いている車は自動車保険が安くなる関連ページ

優良ドライバーは保険料がお得
運転免許証の色によって任意保険の料金が変わります。ここでは、なぜ運転免許証の色によって保険料が変わるのかご説明いたします。
新車は割引がある!
新車を契約車両にすると加入している保険料金を割り引きしてくれます。ここでは、なぜ新車の場合に料金が安くなるのか詳しくご説明いたします。
運転者を制限して保険料を安くする
加入者に嬉しい割引サービスがあります。ここでは、運転者を制限することで保険料を安くする仕組みについてご説明いたします。
年間走行距離で自動車保険料が割引に
走行距離が少ないと保険料が割引されるサービスがあります。なぜ年間の走行距離によってお得になるのでしょうか?ここで、詳しくご説明いたします。
インターネット割引を利用する
車に乗っている方は任意保険に加入されている方もおおいでしょう。さまざまな割引サービスが用意されていますが、ここでは、インターネット割引について詳しく解説したいと思います。
走行距離割引を賢く利用
走行距離割引を利用することで、自動車保険はお得になります。ここでは、走行距離割引について詳しく解説したいと思います。
エコカーで保険料を節約する
くるまの保険は、エコカーに対しても割引が適応されることがあります。ここでは、エコカーに乗ることで得する情報をご提供いたします。
盗難防止装置を付けて安くする
盗難の増化と共に防止装置のついた車も増えています。盗難防止装置が付いている車に対して保険料を割り引く傾向があります。