運転者を制限して自動車保険をお得に利用

万が一のときに備えて慎重に選びたい自動車保険。

 

事故のときにはきちんとカバーしてもらうためにもしっかりとした補償のあるプランに加入したいところですが、毎月の支払額が気になるのも正直なところです。

 

自動車保険には加盟者に嬉しい割引制度を採用しているところが多く、運転する人を制限することで保険料が安くなるのもサービスの一つですので、決まった人しか乗らない場合には是非利用しましょう。

 

運転をする人を制限する場合、一般的に本人のみ、夫婦のみ、家族のみの3種類に分類されています。

 

運転する人が少ない場合には、ドライバーがその車にも慣れているため事故を起こす確率も低く、自動車保険会社としても保険料を支払う可能性が低くなるので相互メリットのあるサービスなのです。

 

また、家族のみに制限をしたとしてもお子さんが海外留学や別居になることがあればそのときだけ夫婦限定に切り替えることもできますので、家族の事情に応じて使い分けるといいでしょう。

 

自動車保険会社にもよりますが、大体3〜8%程度保険料が安くなりますので、自動車保険をお得に利用することができるのです。

年齢制限を定めている自動車保険

また、運転する人を制限する方法を年齢によって定めている自動車保険会社もあります。

 

1歳単位で区切っている自動車保険会社もありますが、おおまかには21歳以上、26歳以上、30歳以上、全年齢のように区切られています。

 

年齢別に事故の確率をみたところ、やはり運転に慣れていない若い年齢層が目立ち、年齢が高くなるにつれて事故の確率は減っていく傾向にあります。

 

自動車保険は工夫をすればするほど安く済ませることができ、上述の制限と組み合わせることで最大5万円〜10万円ほどの差が出る場合もあるのです。

 

但しこのような設定をした場合には、対象外の人が事故を起こしてしまった場合には一切の補償がありませんのでよく考えてから決定するようにしましょう。

運転する人を制限して自動車保険料を安くする関連ページ

優良ドライバーは保険料がお得
運転免許証の色によって任意保険の料金が変わります。ここでは、なぜ運転免許証の色によって保険料が変わるのかご説明いたします。
新車は割引がある!
新車を契約車両にすると加入している保険料金を割り引きしてくれます。ここでは、なぜ新車の場合に料金が安くなるのか詳しくご説明いたします。
年間走行距離で自動車保険料が割引に
走行距離が少ないと保険料が割引されるサービスがあります。なぜ年間の走行距離によってお得になるのでしょうか?ここで、詳しくご説明いたします。
インターネット割引を利用する
車に乗っている方は任意保険に加入されている方もおおいでしょう。さまざまな割引サービスが用意されていますが、ここでは、インターネット割引について詳しく解説したいと思います。
安全装置が付いている車は保険料がお得
車の保険では、安全装置が付いている場合には保険料が安くなります。ここでは、安全装置車と保険料の仕組みについて詳しく解説いたします。
走行距離割引を賢く利用
走行距離割引を利用することで、自動車保険はお得になります。ここでは、走行距離割引について詳しく解説したいと思います。
エコカーで保険料を節約する
くるまの保険は、エコカーに対しても割引が適応されることがあります。ここでは、エコカーに乗ることで得する情報をご提供いたします。
盗難防止装置を付けて安くする
盗難の増化と共に防止装置のついた車も増えています。盗難防止装置が付いている車に対して保険料を割り引く傾向があります。