年間走行距離と自動車保険の関係

どんなに注意をして運転していても飛び出しや追い抜きなど第三者によって事故が起きる可能性は否定できません。

 

また、ぬかるみや雨、霧など自然環境によって起こる事故もありますので、車を運転する以上は事故のリスクがあることを自覚しなければいけないでしょう。

 

つまり走行が多ければ多いほど事故に遭遇する確率が高く、あまり車に乗ることがなければ当然危険性も少なくなります。

 

この考えに基づき、多くの自動車保険会社は年間を通して走行距離が少ない場合、保険料が割引になるサービスを導入しています。

 

自動車保険会社は、加入する車に対してどれだけのリスクがあるかどうかということを基準にして保険料を設定しています。

 

これをリスク細分化型自動車保険といい、ドライバーの年齢や地域、性別、運転歴や使用目など各自動車保険会社の基準に基づいたリスク要因を当てはめて事故の確率を判断し、最終的なプランや料金を決定するのです。

 

そして年間の走行距離もこのリスク要因の一つとして定められている場合が多く、どれだけ事故を起こす確率が高いか、低いかなどの分析をするうえで重要な事項となっています。

年間の走行距離の算出

年間の走行距離とは一体どのように算出すればいいのでしょうか。

 

何十年も運転している人ならともかく、免許を取って間もない若年層でははっきりとした数字は出せないでしょう。

 

その場合は、仕事の往復や週末の使用頻度から割り出し大体の設定をすることをお勧めします。

 

多少の差であれば保険適用内である場合もありますし、大幅に超えてしまったときは自動車保険会社にすぐに連絡をすれば対応してくれます。

 

年間走行距離で自動車保険料が割引関連ページ

優良ドライバーは保険料がお得
運転免許証の色によって任意保険の料金が変わります。ここでは、なぜ運転免許証の色によって保険料が変わるのかご説明いたします。
新車は割引がある!
新車を契約車両にすると加入している保険料金を割り引きしてくれます。ここでは、なぜ新車の場合に料金が安くなるのか詳しくご説明いたします。
運転者を制限して保険料を安くする
加入者に嬉しい割引サービスがあります。ここでは、運転者を制限することで保険料を安くする仕組みについてご説明いたします。
インターネット割引を利用する
車に乗っている方は任意保険に加入されている方もおおいでしょう。さまざまな割引サービスが用意されていますが、ここでは、インターネット割引について詳しく解説したいと思います。
安全装置が付いている車は保険料がお得
車の保険では、安全装置が付いている場合には保険料が安くなります。ここでは、安全装置車と保険料の仕組みについて詳しく解説いたします。
走行距離割引を賢く利用
走行距離割引を利用することで、自動車保険はお得になります。ここでは、走行距離割引について詳しく解説したいと思います。
エコカーで保険料を節約する
くるまの保険は、エコカーに対しても割引が適応されることがあります。ここでは、エコカーに乗ることで得する情報をご提供いたします。
盗難防止装置を付けて安くする
盗難の増化と共に防止装置のついた車も増えています。盗難防止装置が付いている車に対して保険料を割り引く傾向があります。