盗難防止装置とは?

自動車保険を安く上げる方法の一つに、盗難防止装置の取り付けがあります。

 

盗難防止装置が付けば、自動車が車上荒らしなどに遭った時でも被害率がかなり下がります。

 

こうした理由により、自動車保険の保険料が割り引かれるわけです。

 

それでは盗難防止装置とは、具体的にはどんなものでしょうか?

 

たとえば、異常通報システム、GPS追尾システム、イモピライザーなどです。

 

この内、異常通報システムは文字通り、異常が発生したら通報してくれる装置です。

 

また、GPS追尾システムは、GPS機能によりスマートフォンなどから、盗まれた車の位置の把握が可能になるという装置です。

異常を未然に防ぐイモピライザー

 

イモピライザーは、それらの異常を未然に防ぐ意味では劇的な効果を発揮する装置であると言えます。

 

なぜなら、キーやキーホルダーに埋め込まれた電子チップのコードと、自動車のIDコードに電子的な照合を行なうからです。

 

その結果、IDコードが一致する場合だけ、エンジンのスタートが可能となる仕組みです。

 

従って、仮に犯人が、キーを複製して車内に侵入したところで、エンジンをかけて走り去る行為は、絶対に不可能な構造になっている訳です。

 

もちろん、こうした電子照合が決め手である以上、スペアキーの作成を予防する段階で、すでに抑止力が働いています。 

 

何とも凄い技術を持つイモビライザーですが、最近の自動車にはこの種の盗難防止装置が、標準装備で設置されているのです。

 

尚、保険料の割引率に関しては、あくまでも大体の数値ですが、イモビライザーが5%、GPS追尾システムで3%、異常通報システムでは1%とされています。

 

決して高い割引率ではありませんが、万が一の盗難に遭わないためにも、設置するのが無難だとおすすめできそうです。

 

自動車保険は盗難防止装置の取り付けでお得に関連ページ

優良ドライバーは保険料がお得
運転免許証の色によって任意保険の料金が変わります。ここでは、なぜ運転免許証の色によって保険料が変わるのかご説明いたします。
新車は割引がある!
新車を契約車両にすると加入している保険料金を割り引きしてくれます。ここでは、なぜ新車の場合に料金が安くなるのか詳しくご説明いたします。
運転者を制限して保険料を安くする
加入者に嬉しい割引サービスがあります。ここでは、運転者を制限することで保険料を安くする仕組みについてご説明いたします。
年間走行距離で自動車保険料が割引に
走行距離が少ないと保険料が割引されるサービスがあります。なぜ年間の走行距離によってお得になるのでしょうか?ここで、詳しくご説明いたします。
インターネット割引を利用する
車に乗っている方は任意保険に加入されている方もおおいでしょう。さまざまな割引サービスが用意されていますが、ここでは、インターネット割引について詳しく解説したいと思います。
安全装置が付いている車は保険料がお得
車の保険では、安全装置が付いている場合には保険料が安くなります。ここでは、安全装置車と保険料の仕組みについて詳しく解説いたします。
走行距離割引を賢く利用
走行距離割引を利用することで、自動車保険はお得になります。ここでは、走行距離割引について詳しく解説したいと思います。
エコカーで保険料を節約する
くるまの保険は、エコカーに対しても割引が適応されることがあります。ここでは、エコカーに乗ることで得する情報をご提供いたします。