3つの柱となる自動車保険の内容

自動車保険の補償内容を見直すには、どんなポイントがあるのでしょうか。

 

近年では長引く不況のせいからか所得も減っており、保険の見直しを考えていらっしゃる方も多いようですね。

 

そこで自動車保険を見直すことで家計の支出を改善したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

補償内容を見直す時に、気をつけておきたいことが幾つかありますので紹介しておきましょう。

 

折角の保険に加入しているのですから、いざと言う時に役に立って貰えるように削るべき部分は削って、補償内容に不足がないように考えていきたいですね。

 

先ず、最も重要な内容となるのが、対人対物補償です。

 

この2つの補償については、事故を起こしてしまった時の相手の死傷を補償すること、事故によって損壊してしまった物への損害を補償することで使用される保険となっています。

 

これらの補償金額ですが、様々なケースを考えることが出来るのですが、賠償金額が非常に高額になってしまうケースがあります。

 

実際の裁判の判例では4億円近くの賠償金が出たこともありますので、万が一を考えた時には無制限補償の契約をしておくと良いですね。

 

契約した時の保険金額が賠償金額に足りないと言った場合では、保険会社による示談代行サービスを受けることが出来なくなってしまうので、特に注意しておきましょう。

 

次に、考えておきたいのは自分自身の怪我についての補償になります。支出を節約したい時だからこそ、逆に事故による怪我の補償についてはしっかりと補償内容を充実させておきたいですね。

 

事故によって死傷をすることで経済的な負担が思いの外大きくなってしまうことがあります。

 

そこで治療費を実費で請求することが出来る人身傷害補償保険は外せない保険だと言っても良いですね。

 

自動車保険を見直す時に、上であげた3つの保険内容は柱となる保険内容だと言っても良いでしょう。

 

この3つは基本的にしっかりと補償するようにしていき、他の補償内容はしっかりと見直して行くようにしたいですね。

補償内容の見直しポイント

 

昨今、景気回復の波がきているなどとは言われていますが、我々庶民にはまだまだそんな実感はありませんよね。

 

そうした中で、家計のために保険料の節約を、と考えている方は多いのではないのでしょうか?

 

しかし、保険とは万が一の時を補償して貰うものですので、自動車保険にしてもどこを見直して、節約すれば良いのか解らないと言うような方も少なくありません。

 

ここでは、保険料の補償内容の見直しポイントを幾つか書いていきますので、参考にして頂ければ幸いでしょう。

 

先ず保険料の節約だけを考えるのであれば、代理店型タイプに加入している方なら、通販型タイプに変えてみるのも1つの手段です。

 

通販型タイプにすることで、同じ補償内容で料金が半額近くまで下がったと言うようなケースもありますので、代理店型タイプに加入している方は通販型タイプへの変更をお勧めしておきます。

 

既に通販型タイプであると言う方は、まず補償内容に不足がないかどうかから検討してみると良いでしょう。

 

自動車保険で最も大切な機能である賠償に関する保険ですが、対人賠償、対物賠償ともにこれは無制限を選択しておく必要があります。

 

近年では賠償額も高額になっている傾向がありますので、無制限にしておかなければ、億を超えるような事故となってしまった時に不安が残るからです。

 

また、傷害保険についても同様で、自らが怪我を被ってしまった時の補償を考えると、人身傷害保険は外せないところだと言えます。

 

これらは必要最低限のものとなりますので、保険料の節約としてもここだけは譲らないようにして下さい。

 

実際に、保険の見直しとしては、運転する人を限定するようにすることで保険料を抑えることが可能となり、マイカーの使用条件を見直すことでも保険料が変わってきます。

 

業務用、通勤用としての利用ではなく、レジャー日常向けの選択をすることでも保険料の節約が可能です。

 

自動車保険の補償内容を見直す記事一覧

自動車保険と一口に言いましても、その保険内容は様々なものがあると言えます。万が一の事故を起こしてしまった時に、相手の対しての補償、破損してしまった物に対する補償、などなど様々なものがありますので、それを見直して保険料金の割引を考える方もいらっしゃるでしょう。中でも、自動車保険の柱とも言えるのが対人賠...

自動車保険の中で、大切な保険としては人身傷害補償保険があります。この人身傷害補償保険とは、いったいどんな保険なのでしょうか。人身傷害補償保険とは、保険契約をしている自動車に乗っている搭乗者が、自動車事故によって怪我や後遺症を負ってしまったり、死亡してしまった時などに支払われる保険になります。契約した...

自動車保険には様々なものがあります。その中で、支払う掛け金に大きく影響するとされているのが車両保険になります。車両保険とは、掛け金が高いことから敬遠している人が多いです。しかし、実際にはどうなのかを考えてみましょう。自動車保険の中では、車両保険は最も低い加入率となっています。対物や対人賠償などと比較...

自動車保険の中には、自損事故傷害保険と言ったものがあります。どんな自動車保険内容なのかを考えていきましょう。自損事故傷害保険とは、事故を起こしてしまった時に、100%自分の過失であると言った時、相手がいない事故を起こしてしまって怪我や障害を負ってしまった時に補償される保険のことを指しています。どんな...

自動車保険における対物賠償は制限ありが良いのでしょうか?それとも無制限にした方が良いのでしょうか?自動車保険の対物賠償補償とは、事故によって他人の自動車や物などを壊してしまった時に、法律上の賠償責任を負った時に保険金として支払われるものです。ここで1つ、覚えておきたいのは、他人の、と言うことです。自...

自動車保険の料金を見直す時には、幾つかの方法があります。搭乗者傷害保険の見直しもその1つですね。搭乗者傷害保険と言うのは、自動車事故が起こってしまった時に、保険に加入している人の車に搭乗していたすべての人の怪我であったり、後遺障害であったり、死亡であったりなどについての補償が支払われることになる保険...

無保険車に対応している自動車保険も沢山ありますが、まずは無保険車とはどういったことからか見ていきましょう。自動車保険の種類は大まかに2つに分類されています。それは自賠責保険と任意保険です。自賠責保険は車を購入した時に加入しなくてはならない保険なのですがその補償範囲が狭く、万が一の事故を考えた時には心...

自動車保険の料金の割引を考えた時には、運転者の条件が重要となってきます。運転者の条件と一口に言いましても幾つかの条件がありますので、紹介していきましょう。まず契約車両を運転する人を制限することによって、保険料の割引を受けることが出来るサービスがあります。運転する人を制限すると言った時には、一般的に契...