自動車保険の自損事故傷害保険について

自動車保険の中には、自損事故傷害保険と言ったものがあります。

 

どんな自動車保険内容なのかを考えていきましょう。

 

自損事故傷害保険とは、事故を起こしてしまった時に、100%自分の過失であると言った時、相手がいない事故を起こしてしまって怪我や障害を負ってしまった時に補償される保険のことを指しています。

 

どんな場合に適用されるのか、具体的な例をあげてみましょう。

 

脇見運転をしていて、停車中の車に衝突してしまったと言うようなケース、不注意でガードレールに突っ込んでしまったと言うケース、センターラインをはみ出してしまって、対向車と衝突してしまったケース、などのような場合に適用されます。

 

同乗者がいるような場合ですと、自賠責保険が支払われることになるのですが、ドライバーの死傷に関しては自賠責保険から保険金が支払われることがありません。

 

また、自分の過失が100%であれば、相手がいる事故だとしても相手の保険からも補償金が支払われることがありません。

 

そうした時に、最低限度の補償をしてくれることになるのが、自損事故傷害保険となります。

 

一般的に、自損事故傷害保険は、対人賠償保険を契約する時に自動的にセットでついてくる保険であると言っても良いでしょう。

 

現在、自損事故傷害保険に加入していないのであっれば、特にこの保険だけを新に契約することはないと言っても良いですね。

 

また、自損事故傷害保険について覚えておきたいこととしては、この保険を使用してしまいますと等級が下がってしまうことです。

 

自損事故傷害保険を使ってしまうと、3ランク下がってしまいますので、ちょっとした怪我をした時などであれば、保険を使っての補償は使わない方が良いと言ったこともあります。

 

また、免責事由としては飲酒運転や無免許での事故、自殺を目的とした事故であるような時には、適用されることがありません。

 

補償内容としては、各自動車保険会社によって異なってきますが、一般的には死亡した時に1500万円程度、後遺障害の場合は50万円〜1500万円程度になります。

 

自損事故にも対応する自動車保険に見直す関連ページ

対人賠償内容で保険を見直す
対人賠償保険とは相手方に死亡、怪我をさせてしまった場合に必要であり大切な保険です。内容を確認し見直しをしていきましょう。
人身傷害補償の充実度で車の保険を見直す
人身傷害補償は自分自身や家族、契約自動車に搭乗されている方の怪我を補償するための大切な保険です。
自動車保険の車両保険の必要性
車両保険に加入する事で保険料が上がるという心配もあるようですが、本当に車両保険に入る必要はないのか実際はどうなのか確認していきましょう。
対物賠償補償の必要性を考え保険を見直す
自動車の保険の対物賠償補償の必要性について考えてみたいと思います。運転中に他人の車や家屋など財物に損害を与える事故を起こす可能性もあります。
搭乗者傷害保険で見直す
自分自身の契約しているクルマの保険に搭乗者傷害保険付帯されているか確認し必要かどうかを見直すポイントにしてみましょう。
無保険車に対応出来る自動車保険に見直す
事故の相手が無保険車の場合は充分な補償を受けられなくなる可能性があります。このような時のために対応出来るクルマの保険について確認してみましょう。
運転者の条件と保険料の割引
年齢を限定、ゴールド免許割引などクルマの保険会社によっても割引に違いがあります。運転者の条件によっての料金割引を知って契約内容を見直してみましょう。