自動車保険の車両保険の必要性

自動車保険には様々なものがあります。

 

その中で、支払う掛け金に大きく影響するとされているのが車両保険になります。

 

車両保険とは、掛け金が高いことから敬遠している人が多いです。

 

しかし、実際にはどうなのかを考えてみましょう。

 

自動車保険の中では、車両保険は最も低い加入率となっています。

 

対物や対人賠償などと比較すると、およそ半分くらいの加入率だと言っても良いでしょう。

 

車両保険の加入率が低い理由としては一概には言い難いですが、上にあげたように掛け金が高いことが大きな理由だと言えます。

 

しかし、車種や自動車保険の契約内容、割引率などによっても異なってくるのですが、車両保険の有無によって保険料金が倍近く変わってくることもありますので、事実かなり掛け金が高額であると言えます。

 

また、考え方として、事故を起こしてしまった時に相手への賠償は必要なるけれど、自分の車をぶつけてしまった時には自分で直そうと考えている人も多いのではないでしょうか?

 

では、一般的な車両保険の内容を考えてみます。

 

車両保険は2つに分けることが出来まして、一般車両保険と車対車プラスエコノミーAというものがあります。

 

一般車両保険に関しては、いわゆる全てのリスクが補償の対象となっている保険であり、補償の範囲がとても広いものだと言えます。

 

もう一方の車対車プラスエコノミーAと言う保険に関しては、基本的に対車の事故に限定した補償内容であると考えて良いでしょう。

 

つまり、自損事故などであれば補償の対象外となってしまいますので、覚えておきたいですね。

 

また、対車の事故であったとしても相手が確認できない時などは支払対象となりません。

 

例えばですが、大型駐車場などで戻ってきたときに車が傷ついてしまっていると言った当て逃げされたケース、車同士の事故であっても相手が逃げてしまったと言ったようなケース、などは対象外となっています。

 

ただし、プラスエコノミーAとあるように、対車の事故だけではなくプラスしての補償がついているケースがあります。

 

仮にですが、高速道路などを走っている時に小石が飛んできてフロントガラスが割れてしまったケースや、自分の車が盗難にあってしまったケースなどは補償されることになります。

自動車保険の車両保険の必要性を考えてみる関連ページ

対人賠償内容で保険を見直す
対人賠償保険とは相手方に死亡、怪我をさせてしまった場合に必要であり大切な保険です。内容を確認し見直しをしていきましょう。
人身傷害補償の充実度で車の保険を見直す
人身傷害補償は自分自身や家族、契約自動車に搭乗されている方の怪我を補償するための大切な保険です。
自損事故にも対応する補償内容に見直す
運転者の過失による自損事故にも対応する任意保険に自分が加入しているかどうかを気にしていない方が意外と多いようです。
対物賠償補償の必要性を考え保険を見直す
自動車の保険の対物賠償補償の必要性について考えてみたいと思います。運転中に他人の車や家屋など財物に損害を与える事故を起こす可能性もあります。
搭乗者傷害保険で見直す
自分自身の契約しているクルマの保険に搭乗者傷害保険付帯されているか確認し必要かどうかを見直すポイントにしてみましょう。
無保険車に対応出来る自動車保険に見直す
事故の相手が無保険車の場合は充分な補償を受けられなくなる可能性があります。このような時のために対応出来るクルマの保険について確認してみましょう。
運転者の条件と保険料の割引
年齢を限定、ゴールド免許割引などクルマの保険会社によっても割引に違いがあります。運転者の条件によっての料金割引を知って契約内容を見直してみましょう。