自動車保険の対物賠償は無制限がいいの?

自動車保険における対物賠償は制限ありが良いのでしょうか?

 

それとも無制限にした方が良いのでしょうか?

 

自動車保険の対物賠償補償とは、事故によって他人の自動車や物などを壊してしまった時に、法律上の賠償責任を負った時に保険金として支払われるものです。

 

ここで1つ、覚えておきたいのは、他人の、と言うことです。

 

自分の車や物、家族の物と言ったことは対物賠償補償の対象となりませんので覚えておくようにしたいですね。

 

仮に自分の家に車をぶつけてしまったとすると、保険金が支払われることはないと考えておくと良いでしょう。

 

対物賠償なのですが、どうして無制限の対象が出来てしまったのかと言いますと、それは賠償額が高額化していると言った背景があるからです。

 

自分の自動車を修理に出したりすることで、自動車の価格などについてはある程度の金額のイメージがあるでしょう。

 

しかし、事故を起こしてまった時の補償代金のイメージはありますか?

 

信号機やガードレール、トラックの積荷などなど、様々な対物賠償があるのですが、信号機の修理代としても実は1000万円以上かかってしまうこともあるのです。

 

他にも、上で書いた事故による直接的な損害意外にも、賠償しないといけない物としては、間接損害と言ったものがあります。

 

間接損害とは、事故によって自動車などが破損してことによって間接的に生じてしまった損害のことを指します。

 

例えばですが、最近よくニュースなどで見聞きする駐車場からお店に突っ込んでしまったと言うケースがあります。

 

この場合、お店が損壊してしまったことで営業が出来なくなってしまうと、本来営業していれば得られたはずの利益を賠償しないといけなくなってしまいます。

 

上での例ですと、コンビニなどの例が多いですが、コンビニでも売上げの多い店舗であれば1日に百万円単位での売上があるそうですから、とんでもない額になってしまいますよね。

 

こうしたことを考えておくと、多少の保険料しか違いがないのであれば、自動車保険は無制限の対物賠償に入っておいた方が良いと言えます。

自動車保険の対物賠償補償の必要性を考え保険を見直す関連ページ

対人賠償内容で保険を見直す
対人賠償保険とは相手方に死亡、怪我をさせてしまった場合に必要であり大切な保険です。内容を確認し見直しをしていきましょう。
人身傷害補償の充実度で車の保険を見直す
人身傷害補償は自分自身や家族、契約自動車に搭乗されている方の怪我を補償するための大切な保険です。
自動車保険の車両保険の必要性
車両保険に加入する事で保険料が上がるという心配もあるようですが、本当に車両保険に入る必要はないのか実際はどうなのか確認していきましょう。
自損事故にも対応する補償内容に見直す
運転者の過失による自損事故にも対応する任意保険に自分が加入しているかどうかを気にしていない方が意外と多いようです。
搭乗者傷害保険で見直す
自分自身の契約しているクルマの保険に搭乗者傷害保険付帯されているか確認し必要かどうかを見直すポイントにしてみましょう。
無保険車に対応出来る自動車保険に見直す
事故の相手が無保険車の場合は充分な補償を受けられなくなる可能性があります。このような時のために対応出来るクルマの保険について確認してみましょう。
運転者の条件と保険料の割引
年齢を限定、ゴールド免許割引などクルマの保険会社によっても割引に違いがあります。運転者の条件によっての料金割引を知って契約内容を見直してみましょう。