自動車保険の対人賠償

自動車保険と一口に言いましても、その保険内容は様々なものがあると言えます。

 

万が一の事故を起こしてしまった時に、相手の対しての補償、破損してしまった物に対する補償、などなど様々なものがありますので、それを見直して保険料金の割引を考える方もいらっしゃるでしょう。

 

中でも、自動車保険の柱とも言えるのが対人賠償で、最も重要な保険項目であると言っても良いでしょう。

 

保険契約している車両で事故を起こしてしまった時に、相手が死傷したケースでは保険金が支払われることになります。

 

この保険金ですが、被害者1人についていくらと言った形で保険金額を決めていくことになります。

 

では、実際に相手が死傷してしまった場合の保険金はどのくらい支払うことになるのでしょうか。

 

人身事故を起こしてしまって、高額の判決が出た事例ですと、トップは4億円弱となっており、3億円強の支払判例は沢山出ています。

 

対人賠償の場合ですと、怪我の治療費は勿論のことですが、相手が亡くなってしまったケースですと、本来なら得るはずだった利益を支払わないといけませんし、後遺症が残った時などの費用も補償しないといけないことになります。

 

加入義務のある自賠責保険では、対人補償もあるのですが、死亡時の支払限度が3000万円となっています。

 

このことから考えると、仮に相手方に1億円の損害を負わせてしまった時には自賠責保険から3000万円が支払われることになるのですが、対人賠償7000万円の負担となってしまいます。どうでしょうか。

 

実際に事故を起こしてしまった時に、支払うことになる金額に関しては状況によって異なってきます。

 

少額で済むような場合もあるでしょうが、上であげたようにかなりの高額となってしまうこともありますので、対人賠償の加入では無制限にしておきたいですね。

 

近年では、すべての保険会社で対人補償はあらかじめ無制限となっているようですが、不安な場合は確認しておいた方が良いでしょう。

対人賠償内容で自動車保険を見直す関連ページ

人身傷害補償の充実度で車の保険を見直す
人身傷害補償は自分自身や家族、契約自動車に搭乗されている方の怪我を補償するための大切な保険です。
自動車保険の車両保険の必要性
車両保険に加入する事で保険料が上がるという心配もあるようですが、本当に車両保険に入る必要はないのか実際はどうなのか確認していきましょう。
自損事故にも対応する補償内容に見直す
運転者の過失による自損事故にも対応する任意保険に自分が加入しているかどうかを気にしていない方が意外と多いようです。
対物賠償補償の必要性を考え保険を見直す
自動車の保険の対物賠償補償の必要性について考えてみたいと思います。運転中に他人の車や家屋など財物に損害を与える事故を起こす可能性もあります。
搭乗者傷害保険で見直す
自分自身の契約しているクルマの保険に搭乗者傷害保険付帯されているか確認し必要かどうかを見直すポイントにしてみましょう。
無保険車に対応出来る自動車保険に見直す
事故の相手が無保険車の場合は充分な補償を受けられなくなる可能性があります。このような時のために対応出来るクルマの保険について確認してみましょう。
運転者の条件と保険料の割引
年齢を限定、ゴールド免許割引などクルマの保険会社によっても割引に違いがあります。運転者の条件によっての料金割引を知って契約内容を見直してみましょう。