自動車リサイクル法って?

自動車リサイクル法を御存知でしょうか。

 

2005年1月からスタートした法律の1つで、現在のところ日本では1年間でおよそ360万台もの車が廃車されていると言われています。

 

車とはそもそも鉄やアルミなどの金属が多く使われている物ですので、廃車にした車からのリサイクル率はとても高いものです。

 

そのリサイクル率は車一台あたり、総重量のおよそ80%ほどでリサイクルすることが出来、残りの20%はと言いますと、車を解体した後に出る破砕したゴミとなって埋め立て処分をされています。

 

ただ日本は国土が狭い国でもありますので、この埋め立て処分をする為のスペースも限られているのが現状です。

 

ペースの減少とともに、埋め立てにかかる処分費用も高騰していき、価格の高騰から不法投棄や不適切処理などが目立つようになってきていました。

 

また、車についているエアコンに利用されているフロンガスなども、きちんと処理がされないことでオゾン層の破壊、世界的な問題となっている地球温暖化などの問題を引きおこす原因とされており、問題視されていたことも付け足しておきます。

 

他には、最近では当然の装備となっているエアバッグ類も車を廃車にする時には、爆発性があることから安全に処理する為には専門的な技術が必要とされていることも問題でした。

 

このような車の廃棄に関する問題を解決する為に、スタートすることになったのが自動車リサイクル法です。

 

自動車リサイクル法では、3つのことが定められています。

 

自動車の製造メーカーや輸入業者に対して、上記のような廃棄する時に問題となっている部分の引き取りやリサイクルを義務づけ、それらを処理する費用としては、リサイクル料金として車を購入した所有者が支払うこととされています。

 

最後の1つは、購入時に支払うことになるリサイクル料金は、廃車になるまでの期間、自動車リサイクル促進センターが預かり、厳格な管理を行うと言うことです。

 

これらのことが自動車リサイクル法で定められている内容になります。

自動車リサイクル法とは〜自動車保険ナビ記事一覧

交通事故が発生した時に自動車保険を利用する人は多いでしょう。事故の程度によって自動車保険の範囲内で修理が出来る方もいれば、自分の車が動かなくなってしまったという方もいるのではないでしょうか。修理代が高額でそれなら買ってしまったほうがいいだろうと車の購入を検討される方もいらっしゃるでしょう。車を購入す...

自動車リサイクル法の施行によって、ユーザーは車を購入する時にリサイクル料金を支払うことになりました。リサイクル料金とは、自動車を廃棄処分する時に、問題のある部分に関しての処理費用であると考えて良いでしょう。自動車のおよそ8割はリサイクル出来るのですが、残りの2割は埋め立て処分をするしかありません。こ...

自動車リサイクル法という法律が2005年に施行されました。これに伴って、自動車リサイクル促進センターが設立されています。この自動車リサイクル促進センターとは、どんな役割を担っているのでしょうか。先ずは、自動車リサイクル法の内容から解説していきましょう。自動車リサイクル法とは、端的に言ってしまいますと...