自動車の事故対応

自動車保険選びで事故対応時の比較をする事は忘れてはいけない大切なポイントです。

 

事故発生時に自動車保険会社がどれだけ迅速に誠実にそして円満な解決のために動いてくれるかを確認すること、事故対応をしっかり比較することは万が一の時のために必要な事になります。

 

自動車保険は各保険会社が販売している保険商品になります。

 

勿論、各社によって料金も異なってきますし、補償される内容も異なってきます。

 

しかし、多くの保険会社の宣伝を見ますと、どこも親切で丁寧だと言う宣伝を行っていて、あまり違いも解りません。

 

特に、ダイレクト型自動車保険と言われる保険などは実店舗がない分、不安に思ってしまう方も多いでしょう。

 

ちなみにですが、ダイレクト型と実際の店舗を持っている自動車保険の会社とを比較すると、対応に大きな差がある、と言うことはありません。

 

ただし、ダイレクト型自動車保険の方が経費店舗を持たない分、経費負担が少ないので保険料が安いと言ったメリットがあります。

 

事故対応の話に戻りましょう。

 

端的に言ってしまいますと、自動車の事故対応は各社で差はあります。それではどういった差があるのでしょうか?

 

上であげたようにダイレクト型、店舗型では差はありませんが、各保険会社によって対応の差があります。

 

具体的には事故対応をしてくれる時間帯や日にちなどになります。

 

自動車事故はいつ起こってしまうのか、解らないものです。

 

そこで、自動車の事故対応に関しては365日24時間で対応してくれると言うのは必須の条件であると言えるでしょう。

 

土日、祝日、夜間などであってもきちんと事故対応をしてくれるのか、この点をチェックするのは基本になります。

 

中には、365日24時間で対応となっていても対応時間を確認してみると、土日祝のような日には、平日と違って時間が切り上げられていることもあるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

また、店舗型保険の場合は、拠点となる店舗の数や位置も確認しておきたいですね。

 

大きな保険会社であるからと安心していても、事故を起こしてしまった場所から拠点が遠くにあれば、対応するのに時間がかかってしまいます。

 

万が一の事故に備えての自動車保険ですので、事故を起こしてしまった時にきちんと対応してくれるように、自分でもしっかりと確認すべきところは確認しておくようにしたいですね。

 

 

自動車事故対応の比較〜自動車保険ナビ記事一覧

多くの自動車保険会社は親切丁寧と宣伝を行っていますが、事故をしてしまったときに本当にきちんと対応してくれるか心配ですよね。特にインターネットで加入するダイレクト型自動車保険と呼ばれる店舗を持たない保険会社では顔が見えないことも不安材料となってしまうのではないでしょうか。しかし、ダイレクト型自動車保険...

自動車事故は、自分だけの自損事故と他人を巻き込む第三者を含めた事故があります。自損事故の場合は、自分で事故処理をすれば終わりますが、第三者を含めた事故はどちらにどれだけの不注意があったのかを分析し、これにより車の修理費や示談金などが決まりますので、自動車保険会社の担当者を交えての話し合いが必要となり...

車の全損とはその名の通り全部が破損してしまうこと、つまり走行など車としての機能を果たさなくなった場合に用いられますが、自動車保険における全損は少し違う意味合いが含まれています。自動車保険では車が破損した場合に全損と分損という2つに分類され、分損は修理費が補償金内でおさまる状態を指し、反対に全損とは修...

突然起こってしまう自動車事故。ここでどう作業するかによって、自動車保険料の支払いも大きく変わってくることもありますので冷静な判断と行動力が求められます。予期せぬ出来事にパニックになってしまえば大事な工程を見逃してしまい、後で自分が大損をしてしまうこともありますので事故に遭遇してしまった場合には落ち着...

どんなささいな事故であっても、当の本人からしてみれば大事態です。ましてや初めての事故であればなおさらですので、自動車保険の担当者としっかり話し合い、車の修理や事態の解決に努めることが大切です。しかし現実問題として保険金が支払わなければ進まないことも多く、具体的にいつ支払ってもらえるのか気になるところ...

交通事故に遭った場合、自分が被害者であるにもかかわらず、相手が非を一切認めないという事例は数限りなく存在します。例えば、意図的にではなく不注意で車を当てられた場合などに、こうした押し問答に発展する危険性があるのです。だからと言って、その場で物損として片付けられ、忘れた頃に後遺症が現われてから、病院の...

示談とは、法律上の紛争を裁判にかけずに、当事者間の話し合いにより解決する行為です。いわゆる契約の一種に該当し、契約内容を記載した書面が示談書、即ち和解契約書になります。とは言え、交通事故の示談交渉に限定しても、示談に持ち込まれる事例には、気の毒なものから許し難いものまで、善悪が入り乱れているというの...