自動車事故では過失割合が重要です

自動車事故は、自分だけの自損事故と他人を巻き込む第三者を含めた事故があります。

 

自損事故の場合は、自分で事故処理をすれば終わりますが、第三者を含めた事故はどちらにどれだけの不注意があったのかを分析し、これにより車の修理費や示談金などが決まりますので、自動車保険会社の担当者を交えての話し合いが必要となります。

 

多くの事故の場合、お互いになんらかの損失があるケースが多くどちらか一方の責任であるというケースは少ないようです。

 

もちろん赤信号無視や一旦停止無視などは多大な過失となりますが、被害者側にも注意不足が指摘されます。

 

事故の時には誰の過失で起こったかということが非常に重要になりますので、これを数値で表したものが過失割合です。

過失割合の例

例えば、赤信号無視や一旦停止無視のケースであれば、道路交通法のルール上相手側が100%過失があるように見えますが、もしその車が前方から来ており目視で確認できる場合だと被害者側も注意不足であったとして10%程度の過失が認められるかもしれません。

 

つまりこの場合は相手9割、自分1割の過失割合となり数字が大きい方に大きな責任が問われるのです。

 

またこの過失割合は過去の事故判例を元に決定されることが多く、日弁連交通事故相談センターから発表されている過失割合認定基準表なが目安として利用されています。

 

この過失割合で割合が大きければ大きいほど責任、つまり損害賠償金も大きくなりますから、交渉は事故当事者だけでなく自動車保険の担当者を交え冷静に交渉することが大切です。

自動車事故の時の過失割合って何だろう?関連ページ

保険会社によって事故対応に差はある?
事故を起こしてしまった時に、保険会社がきちんと対応してくれるのかどうか心配になります。ここでは、事故対応についてご説明いたします。
自動車保険が認定する全損とは?
クルマの保険では、車の破損を全損と分損に分類しています。ここでは、保険会社における全損の意味について詳しくご説明いたします。
事故を起こした時の対応
自動車事故とは、突然起きてしまうものです。ここでは、くるまの事故を起こした時に行う作業についてご説明いたします。
保険金が支払われるまでの日数
事故が発生したら、加入している車の保険会社に連絡をします。ここでは、事故発生から保険金が支払われるまでの日数について詳しくご説明いたします。
過失割合はどのように決まるのか?
車の事故が起きた場合、過失割合によって損害賠償が決まります。では、交通事故の過失割合はどのように決まるのでしょうか?ここで、詳しく解説いたします。
交通事故の示談交渉の実例と対策
自動車事故では、示談において問題を解決するということがあります。ここでは、交通事故における示談交渉の実例と対策について解説いたします。