自動車事故を起こしてしまったら・・

突然起こってしまう自動車事故。

 

ここでどう作業するかによって、自動車保険料の支払いも大きく変わってくることもありますので冷静な判断と行動力が求められます。

 

予期せぬ出来事にパニックになってしまえば大事な工程を見逃してしまい、後で自分が大損をしてしまうこともありますので事故に遭遇してしまった場合には落ち着いて以下の作業を行いましょう。

 

自動車事故の遭遇した時に一番にすべきなのは怪我人の確認

 

自動車事故直後は気が動転するあまり呆然としてしまうことがありなかなか動けないのが現実です。

 

ですので、負傷者がいた場合には安全なところへ移動して応急処置を施し、救急車を呼ぶなどして人命の優先に努めましょう。

 

救急車を呼ぶ場合には正確な位置を伝え、分からない場合は周囲の目立つ建物や交差点名を伝えてその位置を特定できるようにします。

 

警察へ連絡し、事故があった旨また状況を伝える

 

救急車と警察を待っている間に相手の情報を確認します。

 

氏名、住所、電話番号、免許証番号、ナンバープレートの番号、相手の自動車保険会社名などお互いの情報を交換します。

 

特に相手側に過失がある場合、その場でやりくりしようとするケースがありますが事故現場でうやむやにするのではなく、どんなケースであれ警察や自動車保険会社に届け、公平に判断してもらうようにしましょう。

 

お互いの情報を交換したら交通の邪魔にならないように障害物を道路から除去します。

 

もし被害が他の交通の妨げとなっている場合には、お互いの情報交換をする前にこの作業を行っても構いません。

 

自分の加盟している自動車保険会社に連絡を入れる

 

事故があった旨を知らせます。

 

事故から一定期間内のうちに保険会社に連絡を入れないと、自動車保険の適用外となることもありますのでできるだけ早く行うことが大切です。

 

また現場の証拠として、デジタルカメラや携帯電話のカメラで事故現場や車の破損状態の写真を撮ります。

 

これは過失割合を決める重要な手がかりとなりますので、自分の車や相手の車の破損箇所をきちんと証拠に残しておきましょう。

 

この際に目撃者がいれば警察や保険会社が来るまで一緒にいてもらうようにお願いするのも忘れないようにしてください。

自動車事故を起こした時の対応関連ページ

保険会社によって事故対応に差はある?
事故を起こしてしまった時に、保険会社がきちんと対応してくれるのかどうか心配になります。ここでは、事故対応についてご説明いたします。
くるまの事故の過失割合
クルマの保険から支払われる賠償金は、過失割合によって決まります。ここでは、自動車事故の過失割合について詳しくご説明いたします。
自動車保険が認定する全損とは?
クルマの保険では、車の破損を全損と分損に分類しています。ここでは、保険会社における全損の意味について詳しくご説明いたします。
保険金が支払われるまでの日数
事故が発生したら、加入している車の保険会社に連絡をします。ここでは、事故発生から保険金が支払われるまでの日数について詳しくご説明いたします。
過失割合はどのように決まるのか?
車の事故が起きた場合、過失割合によって損害賠償が決まります。では、交通事故の過失割合はどのように決まるのでしょうか?ここで、詳しく解説いたします。
交通事故の示談交渉の実例と対策
自動車事故では、示談において問題を解決するということがあります。ここでは、交通事故における示談交渉の実例と対策について解説いたします。