自動車保険によって事故の対応に違いはあるのでしょうか?

多くの自動車保険会社は親切丁寧と宣伝を行っていますが、事故をしてしまったときに本当にきちんと対応してくれるか心配ですよね。

 

特にインターネットで加入するダイレクト型自動車保険と呼ばれる店舗を持たない保険会社では顔が見えないことも不安材料となってしまうのではないでしょうか。

 

しかし、ダイレクト型自動車保険と実際に店舗を持つ会社の対応に大きな差はなく、ダイレクト型自動車保険のほうが経費がかからない分保険料が安いので事故を起こさなければ料金を抑えることができるのです。

 

それでは、会社によって事故対応に差があるかどうかといえば、答えはイエスです。

事故対応時の差は、どのようなところにあるの?

その差は店舗型、ダイレクト型といった判断ではなく、各保険会社によって事故対応をしてくれる時間帯や日にちが違うことが挙げられます。

 

事故はいつ何時起こるか分かりませんので、事故受付は24時間365日対応してくれるところは必須条件となり、また土日や夜間にその対応がきちんとされているのかを確認してみることをお勧めします。

 

中には、24時間365日対応としていても対応時間が平日と違い切り上げられるところもありますので注意が必要です。

 

また、万が一に備えて自動車保険会社の拠点もしっかり確認しておきましょう。

 

いくら大きな会社でも拠点が遠ければ対応に時間がかかってしまうこともありますので、自宅近くに拠点があるかどうかも事故対応の差を計る目安の一つです。

 

大型の自動車保険会社は地域ごとに拠点を持っている場合もありますのでサービスも充実しており自分で行う自己対応にもしっかりとアドバイスをしてくれると評判です。

自動車保険によって事故対応に差はある?関連ページ

くるまの事故の過失割合
クルマの保険から支払われる賠償金は、過失割合によって決まります。ここでは、自動車事故の過失割合について詳しくご説明いたします。
自動車保険が認定する全損とは?
クルマの保険では、車の破損を全損と分損に分類しています。ここでは、保険会社における全損の意味について詳しくご説明いたします。
事故を起こした時の対応
自動車事故とは、突然起きてしまうものです。ここでは、くるまの事故を起こした時に行う作業についてご説明いたします。
保険金が支払われるまでの日数
事故が発生したら、加入している車の保険会社に連絡をします。ここでは、事故発生から保険金が支払われるまでの日数について詳しくご説明いたします。
過失割合はどのように決まるのか?
車の事故が起きた場合、過失割合によって損害賠償が決まります。では、交通事故の過失割合はどのように決まるのでしょうか?ここで、詳しく解説いたします。
交通事故の示談交渉の実例と対策
自動車事故では、示談において問題を解決するということがあります。ここでは、交通事故における示談交渉の実例と対策について解説いたします。