自動車保険における全損の意味とは?

車の全損とはその名の通り全部が破損してしまうこと、つまり走行など車としての機能を果たさなくなった場合に用いられますが、自動車保険における全損は少し違う意味合いが含まれています。

 

自動車保険では車が破損した場合に全損と分損という2つに分類され、分損は修理費が補償金内でおさまる状態を指し、反対に全損とは修理費が補償金を上回ってしまうことを表します

 

通常、車の修理で全損というとエンジンに致命的なダメージを受けたり、車の骨組みが曲がってしまったりして修理が不可能である為、リサイクルか廃車にするのが一般的です。

 

しかし、事故を起こしてディーラーや自動車保険会社がその修理費を見積もった場合に、いくら見た目が綺麗で修理ができる状態でも修理費が補償金よりも高ければ何のために自動車保険に入っているのか分からなくなってしまうでしょう。

 

このようなときには、全損として自動車の所有権を自動車保険会社へと渡し補償金を受けとるシステムとなっています。

 

もちろん長年乗った愛車で愛着があり、自費で修理をしてでも乗りたいという人はたくさんいますから事態に応じて自動車保険会社と話し合ってみるといいでしょう。

 

また、自動車保険にはこのような事態のために車両全損時諸費用補償特約などの全損時のための特約を設けているところが多く、万が一愛車が全損となってしまっても買い替えなどの諸経費を一部負担してくれるサービスもあります。

 

なお盗難時補償の特約をつけている場合、盗難にあった物が見つからない場合も全損の扱いとなり、補償金が支払われる仕組みになっているのです。

自動車保険における全損の意味関連ページ

保険会社によって事故対応に差はある?
事故を起こしてしまった時に、保険会社がきちんと対応してくれるのかどうか心配になります。ここでは、事故対応についてご説明いたします。
くるまの事故の過失割合
クルマの保険から支払われる賠償金は、過失割合によって決まります。ここでは、自動車事故の過失割合について詳しくご説明いたします。
事故を起こした時の対応
自動車事故とは、突然起きてしまうものです。ここでは、くるまの事故を起こした時に行う作業についてご説明いたします。
保険金が支払われるまでの日数
事故が発生したら、加入している車の保険会社に連絡をします。ここでは、事故発生から保険金が支払われるまでの日数について詳しくご説明いたします。
過失割合はどのように決まるのか?
車の事故が起きた場合、過失割合によって損害賠償が決まります。では、交通事故の過失割合はどのように決まるのでしょうか?ここで、詳しく解説いたします。
交通事故の示談交渉の実例と対策
自動車事故では、示談において問題を解決するということがあります。ここでは、交通事故における示談交渉の実例と対策について解説いたします。