自賠責保険と任意保険って?

自動車保険に加入する際に、自賠責保険と任意保険という言葉を耳にするでしょう。

 

では、この双方、一体どのような保険なのでしょうか?また、どのような違いがあるのでしょうか?

 

自動車保険の自賠責保険とは?

 

まず、自賠責保険とは、法律で加入が義務付けられているもので、強制保険とも呼ばれています。

 

そのため、自動車を購入して運転する場合は、必ず加入しないといけません。

 

この自賠責保険は自動車と人間が接触事故を起こした時に被害者の人間を補償するためのものです。

 

死亡で3000万円、怪我で120万円までです。

 

重度の障害が残るような怪我においても4000万円までと補償金額の上限があるのです。

 

このように自賠責保険の補償範囲は、対人賠償のみとなっており、事故による自動車の修理費などは補償されません。

 

また、対人賠償のみなので、運転者本人の怪我などはカバーできません。

 

補償されるものは、被害者の治療費や死亡損害、休業損害、後遺障害損害、慰謝料などです。

 

もし、自賠責保険に未加入の場合は、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金となります。

 

そして、未加入の状態で事故を起こしてしまうと、全てその損害は自己負担となってしまいます。

 

 

自動車保険の任意保険とは?

 

一方、任意保険というのは、自分で加入するかどうかを決めることができる保険のことです。

 

交通事故を起こしてしまうと、自賠責保険による補償では足りないケースが多いのです。

 

その不足分を補うために任意保険が存在しています。

 

この任意保険は、様々な保険会社で販売しており、その商品ごとに特徴があります。

 

これにに加入することで、対人賠償のみではなく、運転者本人や自動車の補償もカバーできます。

 

そのため、任意とはなっていますが、必ず加入した方が良い保険です。

 

 

 

 

任意保険で補償される内容とは?

任意保険には、人身障害補償、搭乗者補償、対物補償、車両補償が大きな4つの補償内容です。

 

人身障害補償は人間と接触事故で、自賠責保険の補償額をカバーするための保障です。

 

上限金額は無制限まで設定できます。

 

上限金額を上げれば、保険の加入金額は高くなるのです。

 

搭乗者補償は自動車に乗っている人の怪我を補償するための補償内容です。

 

対物補償は、電柱、ガードレール、壁などに衝突して破損した時の弁償に使用することが出来るのです。

 

車両補償は破損した自動車の補償をします。

 

任意保険の補償金額は加入時に選択が出来ますし、保障内容も選ぶこともできるのです。

 

近年の自動車事故は複雑化しており、裁判になる可能性もあるので、その裁判費用も保障する補償内容も任意保険にはあるのです。

 

車の自賠責保険と任意保険の違いとは?関連ページ

自動車保険料が値上げされている理由
最近、クルマの保険料は値上げ傾向にあります。なぜ値上げされているのかご存じでしょうか。車に乗っていて保険料を支払っている人が気になる情報です。
過去にあった高額な保険金
事故を起こすと多額の賠償金が必要になります。ここでは、過去にあった車の事故で支払われた高額な保険金の例をいくつかご紹介いたします。
専門用語の理解が必要なワケ
もしもの事故の際に補償を受けるためには、最低限の専門用語を知っておく必要があります。なぜ専門用語を理解する必要があるのか、ここでご説明いたします。
等級ってなんだろう?
加入しているクルマの任意保険には、等級というものがあります。この等級、何のために存在しているのでしょうか。
くるまの保険の加入時に必要なもの
たくさんある保険の中から1社を選ぶのは迷ってしまいます。ここでは、クルマの保険に加入する時に必要なものについて情報を提供いたします。
契約プランの料金の支払い方法
事故を起こした時に強い味方となるのが、やはりくるまの保険です。ここでは、事故発生時の保険の支払い方法について情報を提供いたします。
仕組みと必要性
任意保険に加入しておくことで、事故にあってしまった場合に補償を受けることが出来ます。こちらでは仕組みと必要性について確認することが出来ます。
自動車保険の仕組みを把握しておきたい理由
保険と名のつくものは、時代と共に仕組みが改定されています。把握しておきたい理由には、どのようなことがあるのでしょうか。