自動車保険の仕組みをしっかりと把握しておきましょう

保険と名の付くものは何度も仕組みが改訂されているのを知っていますか。

 

自動車保険も例外ではありません。

 

特に損保会社を変えずにずっと契約しっぱなしの人だと、そのまま自動更新してしまうため、改訂されたことに気付いていない人も多いのではないでしょうか。

 

最近の改訂では事故を起こして保険金を請求してしまうと、その後の料金が以前の仕組みよりも大幅に上がるようになりました。

 

自動車保険独自の等級制度の仕組みが変わったためです。

 

また、自分の責任とは言えない落下物による破損やいたずら、盗難などの事故も等級が1つダウンし、その分保険料が上がるようになりました。

 

そのため、事故などで車が破損しても、軽い破損の場合は保険金を請求せずに自費で直してしまった方が、保険料が上がることを考えるとその分、安く済む場合もあります。

 

その反面、長期間無事故の人には大幅に保険料が安くなるような仕組みになっていますので、ぜひ安全運転を心がけて無事故、無違反を目指してほしいと思います。

 

このような保険料の改訂が行われたことを知らないとかなり損することになります。

 

ネットで契約した人はよく契約した会社のホームページをチェックしておきましょう。

 

代理店型自動車保険で契約した人は、つい更新も代理店にお任せになりがちですが、損保会社に任せっきりにするのではなく、自分の保険がどのような仕組みになっていて、どんな補償が受けられるのか、しっかりと把握しておくことが大切です。

 

しっかりと把握しておくことで、無駄もなくなりますし毎日安心して車に乗ることが出来ます。

 

また、もしもの事故の際にもどれくらいまでの補償が受けられるかを知っていることになるので、冷静な事故後の判断が出来るのではないでしょうか。

自動車保険の仕組みを把握しておきたい理由関連ページ

自動車保険料が値上げされている理由
最近、クルマの保険料は値上げ傾向にあります。なぜ値上げされているのかご存じでしょうか。車に乗っていて保険料を支払っている人が気になる情報です。
自賠責保険と任意保険の違い
クルマの自賠責保険と任意保険とは一体どのようなものなのでしょうか?二つの違いとそれぞれの特徴について説明をしたいと思います。
過去にあった高額な保険金
事故を起こすと多額の賠償金が必要になります。ここでは、過去にあった車の事故で支払われた高額な保険金の例をいくつかご紹介いたします。
専門用語の理解が必要なワケ
もしもの事故の際に補償を受けるためには、最低限の専門用語を知っておく必要があります。なぜ専門用語を理解する必要があるのか、ここでご説明いたします。
等級ってなんだろう?
加入しているクルマの任意保険には、等級というものがあります。この等級、何のために存在しているのでしょうか。
くるまの保険の加入時に必要なもの
たくさんある保険の中から1社を選ぶのは迷ってしまいます。ここでは、クルマの保険に加入する時に必要なものについて情報を提供いたします。
契約プランの料金の支払い方法
事故を起こした時に強い味方となるのが、やはりくるまの保険です。ここでは、事故発生時の保険の支払い方法について情報を提供いたします。
仕組みと必要性
任意保険に加入しておくことで、事故にあってしまった場合に補償を受けることが出来ます。こちらでは仕組みと必要性について確認することが出来ます。