自動車保険の等級とは?

普段から車を利用している皆さんはご存知だと思われますが、車の保険には等級というものがあります。

 

正確にはノンフリート等級別料率制度といい、支払う料金に大きく関係しています。

 

等級とは、自動車保険加入者の公平性を保つことが目的としており、事故を起こす可能性、保険を使用する可能性が高ければ高いほど保険料が上がります。

 

逆に車の事故を起こす可能性が低く、保険を使用する可能性が低い人は、優良ドライバーだと判断され、保険料が安くなります。

 

安全運転しているドライバーの方が優遇される制度となっており、事故を起こしやすい人には不利な制度だといえます。

 

等級は、優良ドライバーと事故リスクが高いドライバーの保険料が一緒だと不公平に感じる方が多いですし、保険会社側にとってもリスクを減らすためにどうしても必要な制度だといえます。

 

では、等級とはどのようなものか具体的にご説明いたします。

 

まず、自動車保険の等級は1等級〜20等級まであり、等級が上がるごとに保険料が割引される仕組みになっています。

 

また、1等級〜3等級までは割引されず、逆に割増になり、事故を起こし、保険を使用してしまうと3等級下がり、負担が大きい事故有保険料を支払うことになります。

 

そして、新規で保険に加入する際は6等級からのスタートなり、そこから等級が下がるのか上がるのかはドライバー次第です。

 

そのため、保険料を安くしたい方は、事故を起こさないように安全運転に努めるのが一番効率的です。

自動車保険の等級ってなんだろう?関連ページ

自動車保険料が値上げされている理由
最近、クルマの保険料は値上げ傾向にあります。なぜ値上げされているのかご存じでしょうか。車に乗っていて保険料を支払っている人が気になる情報です。
自賠責保険と任意保険の違い
クルマの自賠責保険と任意保険とは一体どのようなものなのでしょうか?二つの違いとそれぞれの特徴について説明をしたいと思います。
過去にあった高額な保険金
事故を起こすと多額の賠償金が必要になります。ここでは、過去にあった車の事故で支払われた高額な保険金の例をいくつかご紹介いたします。
専門用語の理解が必要なワケ
もしもの事故の際に補償を受けるためには、最低限の専門用語を知っておく必要があります。なぜ専門用語を理解する必要があるのか、ここでご説明いたします。
くるまの保険の加入時に必要なもの
たくさんある保険の中から1社を選ぶのは迷ってしまいます。ここでは、クルマの保険に加入する時に必要なものについて情報を提供いたします。
契約プランの料金の支払い方法
事故を起こした時に強い味方となるのが、やはりくるまの保険です。ここでは、事故発生時の保険の支払い方法について情報を提供いたします。
仕組みと必要性
任意保険に加入しておくことで、事故にあってしまった場合に補償を受けることが出来ます。こちらでは仕組みと必要性について確認することが出来ます。
自動車保険の仕組みを把握しておきたい理由
保険と名のつくものは、時代と共に仕組みが改定されています。把握しておきたい理由には、どのようなことがあるのでしょうか。