軽自動車の保険料はどう決まるのでしょうか?

軽自動車は車種別保険料率を選択する必要がない

 

自動車保険、即ち、任意保険の車種別保険料率クラスは、実際には普通自動車にだけ在り、軽自動車(4ナンバー車)には存在しません。

 

それでは軽自動車の保険料金、つまり保険料率を決定する際には、一体何を基準にすれば良いのでしょうか?

 

実のところ、軽自動車の場合には、どんな車種も保険料が同一になるため、保険料率を選択する必要がないのです。

 

その理由は、外見からは納得し難いかも知れませんが、軽自動車が2輪車と同等に扱われる点にあると言われます。

 

但し、エアバッグやABSなどの安全装備を付ければ、保険料の変動は有り得るのです。

 

車種別保険料率クラスとは?

 

では、普通車に必要な料率クラス(車両料率クラス)とは、如何なる物でしょうか?

 

これは自動車任意保険の保険料を算出する、その目的で用意される保険料区分で、1〜9クラスに分類されています。

 

そして、保険の種類としては、車両保険の他、人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険・対人賠償保険・対物賠償保険などが挙げられるのです。

 

しかしながら保険料率とは、車両の形状や年式などにより、微妙に異なる性質を持っています。

 

軽自動車の場合でも、旧規格と現規格では、やはり保険料が違って来ますし、5ナンバーの乗用車と4ナンバーの貨物車とでも比較すれば保険料が違うのです。

 

軽自動車の保険料が安いとは限りません

 

ちなみに、軽自動車なら普通車よりも、保険料が必ず安くなるというのは錯覚に過ぎません。

 

なぜなら、型式別料率クラスを持つ普通車では、料率クラスが低い車種の場合、軽自動車よりも保険料が下回る場合が、数は少なくても実在するからです。

 

もちろん、ここで述べる普通車とは、自家用普通乗用車、もしくは自家用小型乗用車を指しています。

 

要は、軽自動車と普通車のどちらかを選ぶ際には、正確な知識を持つ必要があると結論付けられそうです。

最近は様々な条件を元に料金が決まります

自動車保険の料金とはどのようにして決まっていくのでしょうか?

 

現在では、リスク細分型と言いまして、様々な条件を元にして料金は決まってきます。

 

車の使用目的、車の装備、ドライバーの運転歴、などなど多くのことが料金の価格決定に影響を与えてしまいます。

 

車の種類が違っても大きく異なってきます。

 

例えばですが、軽自動車と一般的な自動車では料金も異なってきますので、覚えておくと良いでしょう。

 

事故を起こしてしまった時のことを考えると解りやすいのですが、軽自動車とスポーツカーなどの高級車であれば、スポーツカーの方が部品代、修理代など様々な面で費用がかかってしまいますので、スポーツカーの方が料金も高く設定されています。

 

この車の種類による料金の設定を車両料率と言います。

 

車両料率とは、過去にどんな車種の車が、どの程度の頻度でどのような規模の交通事故を起こしているのか、その交通事故に対して保険会社はどの程度の保険金を支払っているのかを鑑みて、車種を9つのクラスに分類しています。

 

このクラスを車両料率クラスと言います。

 

車両料率クラスは1年ごとに見直されるようになっており、交通事故を起こしやすい車や、修理費用は高くつく車、盗難に遭いやすい車、などのようにリスクの高い車は料金が高くなります。

 

車両料率クラスは1が最も低い料率となり、1倍なのですが、クラスが最高の9となりますと、4.1倍もの料金になってしまいます。

 

軽自動車は車両料率クラスも低く、料金も安く済むというメリットもあると言って良いでしょう。

軽自動車の保険料の仕組み〜自動車保険ナビ関連ページ

自動車保険の等級制度と割引率
等級によって加入する保険料の割引率が変わってきます。ここでは、くるまの保険の等級制度とその割引率について詳しくご説明いたします。
事故後の保険料の仕組み
くるまに乗っていて事故を起こしてしまった際に保険を利用すると料金が上がる仕組みになっています。ここでは、その仕組みについて詳しく解説していきます。
車両保険の免責金額とは何?
くるまに乗っている人なら車両保険についてご存じな方は多いでしょう。こちらでは、車両保険の免責金額とは一体なにか説明をしたいと思います。
車の使用用途と保険料の関係
加入しているクルマの保険料は、車の使用用途によって変わります。では、車の使用用途とはどのようなことを言うのでしょうか?ここで詳しくご説明いたします。
料率クラスと保険料の関係
料率クラスというものがあります。一体どのようなものなんでしょうか?ここでは、料率クラスと車の保険料の関係について解説します。
自動車保険の年齢条件
くるまの保険料は、年齢条件を設定することによって安く抑えることができる仕組みになっています。ここでより詳しく解説いたします。