車両保険の免責金額について

車両保険の免責金額とは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、車両保険の免責金額とは、事故を起こした際に自分が負担する金額のことです。

 

自動車事故を起こしてしまうと、自動車の修理費が発生します。

 

その際に車両保険に加入していると、修理費を保険会社が一定金額負担してくれます。

免責金額と保険料との関係

 

例えば、自動車事故を起こして、自動車の修理費が50万円かかるとします。

 

この時、免責金額を20万円に設定している場合は、20万円を自己負担し、残りの30万円は自動車保険会社から支払われます。

 

免責金額を高くすれば高くするほど自己負担額は増えますが、自動車保険会社の負担は減るので保険料が安くなります。

 

そのため、免責金額を0円にしてしまうと事故を起こした場合は修理費がかからないので良いですが、保険料が非常に高くなります。

 

また、免責金額はご自身で決めることができるので、いくらにするのかは自由です。

 

しかし、あまりにも免責金額が少ないと保険料が高くなるので、賢い選択ではありません。

 

逆に保険料を抑えるために、免責金額を上げてしまうと、事故を起こした場合に自己負担が大きくなってしまいます。

 

だからこそ、免責金額を決める際は十分にバランスに気をつけてください。

 

小さい事故なら保険を使用しないほうがいい場合も

少しくらいの事故であれば、自動車保険を使用せずに直した方が良い場合もあります。

 

なぜなら、自動車保険を使用することで等級が下がってしまい保険料がアップしてしまうからです。

 

もし、事故を起こして自動車の修理費がかかる場合は、自動車保険を使用するのかしないのかどちらがお得なのかを考えてください。

 

おさらい情報〜免責金額とは?

自動車保険には、様々な内容の保険があります。

 

中でも、自分の車にかける保険になるのが車両保険です。

 

交通事故を起こした時の補償、自損事故を起こした時の補償、自然災害、いたずら、などなど自分の車の修理が必要になった時に、保険を利用することで、保険金が支払われます。

 

ほぼ全てと言っても良いくらい自分の車の損害に対して補償がききますので、その分車両保険の保険料は高くなってしまいがちです。

 

そこで、免責金額という物を設定することによって、保険料を節約することが出来ます。

 

免責金額の免責とは責任を免れると言う意味で、この場合は保険会社が保険料を支払う責任を免れる金額と言う意味になります。

 

具体的に書きますと、仮に免責金額を10万円と設定しておいたとしましょう。

 

この時、何らかの理由によって自分の車が損害を受けて、修理をした時の費用が10万円以内であれば、保険金は支払われないと言うことになります。

 

10万円を超える費用については保険金を支払って貰うことが出来ると言う特約のことです。

 

一般的には、1回目の事故に関しては数万円、2回目以降の事故については数万円と言うように設定することになります。

 

数字を入れてみますと、1回目は5万円、2回目以降は10万円と言うように設定することになり、ここに免ゼロ特約という特約をつけることが一般的です。

 

免ゼロ特約とは、1回目の事故で相手方の車が確認できたと言うケースに限って、1回目の免責金額が0円になると言う特約のことです。

車両保険の免責金額とは?〜自動車保険ナビ関連ページ

自動車保険の等級制度と割引率
等級によって加入する保険料の割引率が変わってきます。ここでは、くるまの保険の等級制度とその割引率について詳しくご説明いたします。
事故後の保険料の仕組み
くるまに乗っていて事故を起こしてしまった際に保険を利用すると料金が上がる仕組みになっています。ここでは、その仕組みについて詳しく解説していきます。
車の使用用途と保険料の関係
加入しているクルマの保険料は、車の使用用途によって変わります。では、車の使用用途とはどのようなことを言うのでしょうか?ここで詳しくご説明いたします。
料率クラスと保険料の関係
料率クラスというものがあります。一体どのようなものなんでしょうか?ここでは、料率クラスと車の保険料の関係について解説します。
自動車保険の年齢条件
くるまの保険料は、年齢条件を設定することによって安く抑えることができる仕組みになっています。ここでより詳しく解説いたします。
軽自動車の保険料の仕組み
軽自動車には、保険の料率クラスがありません。では、一体どのようにして料金が決まるのでしょうか?ここで、詳しく解説したいと思います。