自動車保険と年齢条件の仕組み

自動車保険の保険料は、運転者の年齢によっても大きく変わり、運転できるドライバーの年齢を限定することで、保険料を抑えることができるのです。

 

このことを年齢条件の設定といい、使い方によっては保険料がとてもお得になります。

 

まず年齢条件は、全年齢担保、21歳未満不担保、26歳未満不担保、30歳未満不担保、35歳未満不担保の5つに分かれています。

 

全年齢担保は、18歳以上のドライバーを補償、21歳未満不担保は21歳以上のドライバーを補償、26歳未満不担保は26歳以上のドライバーを補償、30歳未満不担保は30歳以上のドライバーを補償、35歳未満不担保は35歳以上のドライバーを補償となっています。

 

そして最も保険料が高いのが、全年齢担保で、21歳未満不担保、26歳未満不担保、30歳未満不担保、35歳未満不担保という順で安くなっていきます。

 

ようは年齢が上がるごとに自動車保険の保険料が安くなると思ってください。

 

補償を受けるためには年齢条件を随時見直しましょう

若い人の方が事故を起こす可能性が高く、年配のベテランドライバーの方が事故を起こす可能性が低いと判断されています。

 

若い人の場合、自動車の怖さを十分理解していない方が多く、危険な運転をしてしまう可能性が高いです。

 

しかし、年齢を重ねるごとに自動車の怖さを理解してきて、事故を起こす可能性が低くなってきます。

 

では、この年齢条件の設定を自動車保険でどのように活用すれば良いのでしょうか?

 

例えば、家族で1台の車を運転する場合、18歳の子供に合わせて全年齢担保にしていたとします。

 

そして、子供が21歳になった時に、21歳未満不担保に変更すれば、保険料が安くなるのです。

 

逆に21歳未満不担保に変更しないと、そのまま全年齢担保が適用されてしまうので、余計なお金を支払うことになります。

 

そのため、その時その時に応じて、年齢条件の設定を見直す必要があるのです。

 

ただ、気をつけていただきたいのが、年齢条件を設定することによって、設定以下の年齢の人が運転した場合、補償されないということです。

 

このことを十分理解して、自動車保険に加入する際に年齢条件の設定を行ないましょう。

 

自動車保険と年齢条件の設定で変わる料金の仕組み関連ページ

自動車保険の等級制度と割引率
等級によって加入する保険料の割引率が変わってきます。ここでは、くるまの保険の等級制度とその割引率について詳しくご説明いたします。
事故後の保険料の仕組み
くるまに乗っていて事故を起こしてしまった際に保険を利用すると料金が上がる仕組みになっています。ここでは、その仕組みについて詳しく解説していきます。
車両保険の免責金額とは何?
くるまに乗っている人なら車両保険についてご存じな方は多いでしょう。こちらでは、車両保険の免責金額とは一体なにか説明をしたいと思います。
車の使用用途と保険料の関係
加入しているクルマの保険料は、車の使用用途によって変わります。では、車の使用用途とはどのようなことを言うのでしょうか?ここで詳しくご説明いたします。
料率クラスと保険料の関係
料率クラスというものがあります。一体どのようなものなんでしょうか?ここでは、料率クラスと車の保険料の関係について解説します。
軽自動車の保険料の仕組み
軽自動車には、保険の料率クラスがありません。では、一体どのようにして料金が決まるのでしょうか?ここで、詳しく解説したいと思います。