自動車保険の料率クラスとは?

自動車保険には、料率クラスというものがあり、これが保険料と大きく関係しています。

 

では、そもそも料率クラスとは一体どういったものなのでしょうか?

 

料率クラスは、正式には車両料率クラスといい、事故を起こすリスクが高い自動車を数値化したものです。

 

みなさんもご存知だと思われますが、自動車保険には等級というものがあります。

 

等級とは、自動車事故を起こすリスクが高いドライバーを数値化したものです。

 

簡単にいうと、等級はドライバーの危険指数で、料率クラスは自動車の危険指数だと思ってください。

自動車保険の料率クラスと保険料の関係

料率クラスは対人、対物、傷害、車両の4つから構成されており、それぞれ1〜9までのランクで格付けされています。

 

数字が小さくなるごとに保険料が安くなり、数字が大きくなればなるほど保険料が高くなります。

 

また、料率クラスは各自動車保険会社で異なるということはなく、どの自動車保険会社も同じ料率クラスを採用しています。

 

では、どのような自動車が料率クラスが高く、保険料が割高になってしまうのでしょか?

 

保険料が割高になるのは、盗難が多い自動車、スポーツカー、事故が多い自動車などです。

 

そして、逆に安いのが、コンパクトカーや軽自動車などです。

 

この料率クラスは事故発生頻度や盗難件数などから毎年見直しがされています。

 

そのため、前年に事故を起こしていないのにも関わらず保険料が上がった場合は、ご自身の自動車の料率クラスに変化が生じた可能性があるので、自動車保険会社に確認をしてください。

 

自動車保険の料率クラスと保険料の関係関連ページ

自動車保険の等級制度と割引率
等級によって加入する保険料の割引率が変わってきます。ここでは、くるまの保険の等級制度とその割引率について詳しくご説明いたします。
事故後の保険料の仕組み
くるまに乗っていて事故を起こしてしまった際に保険を利用すると料金が上がる仕組みになっています。ここでは、その仕組みについて詳しく解説していきます。
車両保険の免責金額とは何?
くるまに乗っている人なら車両保険についてご存じな方は多いでしょう。こちらでは、車両保険の免責金額とは一体なにか説明をしたいと思います。
車の使用用途と保険料の関係
加入しているクルマの保険料は、車の使用用途によって変わります。では、車の使用用途とはどのようなことを言うのでしょうか?ここで詳しくご説明いたします。
自動車保険の年齢条件
くるまの保険料は、年齢条件を設定することによって安く抑えることができる仕組みになっています。ここでより詳しく解説いたします。
軽自動車の保険料の仕組み
軽自動車には、保険の料率クラスがありません。では、一体どのようにして料金が決まるのでしょうか?ここで、詳しく解説したいと思います。