ファミリーバイク特約(原付特約)の補償内容

ファミリーバイク特約とは、原付特約とも呼ばれます。

 

これは、125CC以下の原付バイクを所有し、かつSAPやPAPに加入する人が、付加できる特約です。

 

ファミリーバイク特約の正式名称は、原動機付自転車に関する賠償損害担保特約という非常に長いものです。

 

このファミリーバイク特約を付けていれば、バイクで対人や対物の賠償事故、もしくは自損事故を起こした場合でも、自動車保険のSAPやPAPと同一の条件で、相手に損害を賠償、もしくは自身が補償を受けられます。

 

しかも、契約者と家族が所有するバイクであれば、無制限で承認される上、他人から貸与されたバイクでも、125CC以内なら全部が保険の対象となる点に大きな特徴があるのです。

 

しかしながら、ファミリーバイク特約の補償内容からは、搭乗者傷害保険が除外されているため注意が必要になります。

 

仮に、SAPやPAPなどの主契約の方に、搭乗者傷害保険が付加されていた場合でも、バイクの運転者や同乗者の怪我に対する補償は付きませんから、この点にも注意を要します。

 

とは言え、通勤や通学などにバイクを使用する方は、接触や転倒などの事故による怪我が心配でしょう。

 

この場合は、バイク専用の搭乗者傷害保険、もしくは交通傷害保険への加入がお勧めです。

 

さて、ファミリーバイク特約には、大別して2つの種類があります。

 

以下に、御紹介してまいりましょう。

 

ファミリーバイク特約 人身型

 

対人と対物、人身傷害が付帯されます。

 

但し、付帯するためには、主契約の自動車保険に人身傷害の付帯が必要です。

 

ファミリーバイク特約 自損型

 

対人と対物、自損事故傷害が付帯されます。

ファミリーバイク特約(原付特約)の補償内容とは?関連ページ

等級プロテクト特約
車の保険の特約の一つに、等級プロテクト特約というものがあります。等級プロテクト特約とはどんなものでしょうか?ここで詳しく解説いたします。
弁護士費用等補償特約
自動車保険の特約の一つに、弁護士費用等補償特約というものがあります。ここでは、弁護士費用等補償特約について詳しく解説しています。
搭乗者傷害特約と人身傷害補償保険
クルマの保険には、搭乗者傷害特約というものがあります。この特約と人身傷害補償保険の違いについて詳しく解説しますので、見直しの際の参考にしてください。
新車特約について知っておこう
くるまの保険特約には、車両新価保険特約(新車特約)というものがあります。ここで車両新価保険特約(新車特約)について詳しく解説します。
事故時レンタカー費用特約
事故時レンタカー費用特約というものがあります。この特約は、どのようなケースで補償を受けることが出来るものなのでしょうか。
車内身の回り品特約
車内身の回り品特約というクルマの保険特約をご存知でしょうか。ここでは、車内身の回り品特約について詳しく解説しています。
おりても特約
おりても特約という特約があるのをご存知でしょうか。どのようなケースで補償を受けることのできるものなのか。おりても特約について確認していきましょう。
自損事故傷害特約
自動車保険の特約の一つに、自損事故傷害特約というものがあります。ここでは、自損事故傷害特約の内容について詳しく解説しています。
事故付随費用担保特約
くるまの任意保険に事故付随費用担保特約というものがあります。ここでは、事故付随費用担保特約について詳しく解説いたします。