人身傷害補償保険のメリット、デメリット

 

自動車事故が起きた場合、相手から支払われる保険金は過失割合によって変わります。

 

しかし、人身傷害補償保険に加入していると、相手の過失割合に左右されることなく、保険金が支払われます。

 

そのため、通常、自動車事故が起きた場合、示談交渉は終わらないと保険金が支払われませんが、人身傷害補償保険に加入しているとすぐに保険金が支払われます。

 

人身傷害補償保険にはどのようなメリットがあるのか?

 

人身傷害補償保険の最大のメリットは、自身の過失が多くても、十分な保険金を受け取ることができる点です。

 

通常、過失割合で保険金が決まるので、自身の過失が多いと受け取る保険金が少なくなります。

 

しかし、人身傷害補償保険の場合は、過失割合に関係なく一定額の保険金を受け取るができます。

 

また、示談交渉に左右されることなく、すぐに損害額が決まったらすぐに保険金を受け取ることができるというメリットもあります。

 

この2つは一番最初にご説明しましたが、人身傷害補償保険の特徴でもあるのでしっかりと覚えておきましょう。

 

そして、単独事故や当て逃げにも適用されますし、契約によっては歩行中の事故、他人の車に乗車中の事故でも適用されます。

 

人身傷害補償保険にはデメリットは無いのか?

 

人身傷害補償保険のデメリットは、保険料が高くなってしまうことです。

 

設定金額によって保険料が高くなってしまうので、十分な補償を受けようとすると経済的負担が大きいです。

 

そのため、限定特約を付帯して、割引を行なった方が良いでしょう。

 

もう少し詳しく解説しましょう

人身傷害補償保険は、とても使い勝手の良い保険となっており、人気の高い保険であると言えます。

 

では、人身傷害補償保険どういった内容の保険なのかを解説してみます。

 

人身傷害補償保険とは、契約している車両に乗っている方が、交通事故で怪我、後遺症、死亡、となった時に限り、契約している保険金額の範囲で保険金が支払われることになる保険のことです。

 

人身傷害補償保険に加入していると、交通事故を起こした時に自分自身の過失分も含めて補償されると言うメリットがあります。

 

また、入院、通院など治療日数にかかわらず、契約している保険金額の範囲内で保険金が支払われることになります。

 

治療費用、休業補償、慰謝料なども全額補償となりますので、とても幅広い保険だと言えます。

 

他にも、人身傷害補償保険では、特約をつけることによって契約車両に乗っている時だけの補償ではなく、被保険者とその家族が契約車両意外の車両に乗っている時の事故、歩行中に交通事故にまきこまれてしまったケースなどでも補償の対象となるのです。

 

人身傷害補償保険の特徴は、実損払いと言う点です。

 

実損払いとは実際にかかったお金をそのまま補償して貰えると言う意味の補償です。

 

つまり、交通事故によって治療費が500万円かかってしまったというようなケースでは、500万円が補償されることになります。

 

実損払いなので、仮に入院費が1日18000円かかったとしましょう。

 

この時、搭乗者傷害保険に加入している定額である1日15000円支払われることになり、残りの3000円に関しては自己負担です。

 

しかし、人身傷害補償保険の場合、1日18000円全額が支払われることになります。

 

ほぼデメリットはない保険と言えるのですが、定額制と実損払いの違いにより、例えば通院補償で1回3000円の交通費が必要な時には、搭乗者傷害保険ですと、定額の1万円が支払われることになりますが、人身傷害補償保険では実費の3000円となります。

 

このように場合によっては、定額制保険の方が保険金支払いが多くなるケースもあると言う程度のデメリットはあります。

人身傷害補償保険のメリットとデメリット〜自動車保険ナビ関連ページ

自動車保険の対人賠償
交通事故で人にケガを負わせたり、死亡させてしまった場合に賠償金が発生します。ここでは、対人賠償の内容と補償額について解説しています。
自動車保険の対物賠償
人の所有物に対して損害を与えると賠償責任が発生します。では、対物補償とはどんな保険なのでしょうか?ここで、詳しく解説いたします。
搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険とは一体どのようなものなのでしょうか?ここでは、搭乗者傷害保険の内容について詳しく解説いたします。
自損事故保険
自損事故保険というものがあります。どういった保険なのか分からない方はもちろん、もしもの事故に備えてすでに加入している方も再度確認してみましょう。
無保険車傷害保険
無保険車傷害保険をご存じでしょうか。この保険に加入しておくことで、どのような場合に対応することが出来るのか、こちらで確認をすることが出来ます。
車両保険
車両保険は、クルマの保険内の補償の一つになります。いったいどのような補償なのでしょうか。また、加入しておいたほうがいいものなのでしょうか。
一般車両保険とエコノミー車両保険
車に乗っている方なら車両保険の存在を知っている方も多いでしょう。その種類は2つに分かれます。車両保険の種類とその違いについて詳しく解説いたします。
特約とは?
普段から車に乗っている方は、事故時に補償を受けるために保険に加入されているでしょう。ここでは、さまざまな特約について解説いたします。
PAP・BAP・SAP
任意保険に加入する際にPAP・BAP・SAPという言葉が出てきます。ここでは、契約時に知っておきたい知識としてPAP・BAP・SAPについて詳しく解説します。