自損事故って、どんな事故?

自分の過失で自動車事故を起こしてしまうこともあります。

 

例えば、よそ見をしていてガードレールに衝突してしまった場合、過失は全て自分にあります。

 

その場合の事故を、自損事故といいます。

自損事故保険とは?

 

自損事故は相手がいないので対人賠償保険が適用されません。

 

そのため、損害を受けた費用は全て自分で負担しないといけません。

 

ただ、自損事故保険に加入していると、そのような時に補償してくれます。

 

そのため、相手を守るというよりも、ドライバー自身を守る保険だと思って良いでしょう。

 

具体的にいうと、停まっている車に衝突した場合、相手には過失が全く無いので、自分が100で相手が0の過失になります。

 

このように過失が全て自分にあった場合でも、補償されるのが自損事故保険です。

 

運転初心者や運転に自信が無い方は、自損事故保険に加入しておいた方が良いでしょう。

 

 

自損事故保険の保険金には上限があります

ただし、自損事故保険には支払われる保険金の上限が決まっています。

 

死亡事故の場合は1500万円、後遺症障害の場合は50万円〜2000万円、介護に必要になった場合は200万円〜350万円、医療保険金として、入院1日につき6000円、通院1日につき4000円が支払われます。

 

そして、一般的に自損事故保険は、任意保険に加入すると同時に契約されます。

 

しかし、自動車保険会社によっては、同時契約されない場合もあるので事前に確認されてください。

 

また、現在加入されている自動車保険に自損事故保険が含まれているのかどうか気になる方は、きちんと自動車保険会社に確認を取りましょう。

 

自損事故保険の内容とその補償額〜自動車保険ナビ関連ページ

自動車保険の対人賠償
交通事故で人にケガを負わせたり、死亡させてしまった場合に賠償金が発生します。ここでは、対人賠償の内容と補償額について解説しています。
自動車保険の対物賠償
人の所有物に対して損害を与えると賠償責任が発生します。では、対物補償とはどんな保険なのでしょうか?ここで、詳しく解説いたします。
人身傷害補償保険
人身傷害補償保険とは、一体どのようなものなのでしょうか?ここでは、人身傷害補償保険の補償内容について詳しく解説します。
搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険とは一体どのようなものなのでしょうか?ここでは、搭乗者傷害保険の内容について詳しく解説いたします。
無保険車傷害保険
無保険車傷害保険をご存じでしょうか。この保険に加入しておくことで、どのような場合に対応することが出来るのか、こちらで確認をすることが出来ます。
車両保険
車両保険は、クルマの保険内の補償の一つになります。いったいどのような補償なのでしょうか。また、加入しておいたほうがいいものなのでしょうか。
一般車両保険とエコノミー車両保険
車に乗っている方なら車両保険の存在を知っている方も多いでしょう。その種類は2つに分かれます。車両保険の種類とその違いについて詳しく解説いたします。
特約とは?
普段から車に乗っている方は、事故時に補償を受けるために保険に加入されているでしょう。ここでは、さまざまな特約について解説いたします。
PAP・BAP・SAP
任意保険に加入する際にPAP・BAP・SAPという言葉が出てきます。ここでは、契約時に知っておきたい知識としてPAP・BAP・SAPについて詳しく解説します。