無保険車傷害保険とは?

無保険車傷害保険とは、相手が自賠責保険や任意保険に加入していない場合や損害額が保険金よりを上回ってしまう場合に適用される保険です。

 

仮に相手が何も自動車保険に加入していない場合、賠償金を相手が自己負担するしかありません。

 

しかし、一般的に賠償金を全て支払うことができる人はいないといって良いでしょう。

 

事故の大きさによっては、賠償金が億を超えることも珍しいことではありません。

 

そうすると被害者は満足な保険金を得ることができないのです。

 

それを防ぐためにあるのが、この無保険車傷害保険です。

 

無保険車傷害保険は自分を補償する保険

無保険車傷害保険に加入していると、相手が自動車保険に加入していなくても、契約している保険会社から保険金が支払われます。

 

そのため、相手に対する保険というよりも、自分を補償する保険だといって良いでしょう。

 

また、無保険車傷害保険は当て逃げや相手の自動車保険が使用できない場合も適用されます。

 

自動車保険が使用できない場合というのは、相手の契約車両が運転者限定特約を付帯していて、その対象外の方が運転していた時です。

 

そして、無保険車傷害保険の対象となるのは、契約車両を運転されている方、乗車している方です。

 

被保険者やその配偶者、同居の家族、別居の未婚の子供は、歩いている時や他の車に乗車している時でも無保険車傷害保険は適用されます。

 

ただ、無免許運転、酒気帯び運転、故意の事故、台風、洪水などの場合は、無保険車傷害保険は適用されず、保険金を受け取ることはできません。

無保険車傷害保険が適用されるケース

任意保険の1つに無保険車傷害保険と呼ばれるものがあります。

 

この無保険車傷害保険とは、交通事故を起こしてしまった相手が保険に加入しておらず、賠償金額の支払い能力がない時に、自分が契約している対人賠償と同程度の額、範囲内で本来なら相手が補償すべき損害金の不足分を補償して貰える保険のことになります。

 

自動車を購入すると、自賠責保険に加入することが義務づけられているのですが、任意保険に関しては強制ではありません。

 

現在、公道を走っている4台に1台の割合でこの任意保険に加入していない車が走っているとも言われており、そのようなクルマと事故を起こしてしまう確率もかなり高いと言えます。

 

任意保険に加入していないクルマと交通事故を起こしてしまった場合ですが、基本的に自賠責保険の範囲内でのみ補償されることになります。

 

自賠責の補償とは、対人賠償のみになっており、死亡事故で3000万円、怪我で120万円、後遺障害で75万円〜4000万円の限度額となっていますが、現実的な問題として自賠責だけで対人賠償を賄えることは少ないと言っても良いでしょう。

 

つまり、無保険車傷害保険とはこうした場合に役立つものであると言えます。

 

ここで注意しておきたいことは、無保険車傷害保険が適用されるケースが、後遺障害と死亡事故となった時のみに適用されることです。

 

完治してしまう怪我を負った時には、対象外となりますので、相手の自賠責保険による補償で賄うことになります。

 

自賠責保険の怪我による補償は最高120万円ですので、それ以上の補償はありませんし、入院をして仕事を出来ないようなケースでも休業補償を請求することも出来ません。

無保険車傷害保険とは何だろう?関連ページ

自動車保険の対人賠償
交通事故で人にケガを負わせたり、死亡させてしまった場合に賠償金が発生します。ここでは、対人賠償の内容と補償額について解説しています。
自動車保険の対物賠償
人の所有物に対して損害を与えると賠償責任が発生します。では、対物補償とはどんな保険なのでしょうか?ここで、詳しく解説いたします。
人身傷害補償保険
人身傷害補償保険とは、一体どのようなものなのでしょうか?ここでは、人身傷害補償保険の補償内容について詳しく解説します。
搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険とは一体どのようなものなのでしょうか?ここでは、搭乗者傷害保険の内容について詳しく解説いたします。
自損事故保険
自損事故保険というものがあります。どういった保険なのか分からない方はもちろん、もしもの事故に備えてすでに加入している方も再度確認してみましょう。
車両保険
車両保険は、クルマの保険内の補償の一つになります。いったいどのような補償なのでしょうか。また、加入しておいたほうがいいものなのでしょうか。
一般車両保険とエコノミー車両保険
車に乗っている方なら車両保険の存在を知っている方も多いでしょう。その種類は2つに分かれます。車両保険の種類とその違いについて詳しく解説いたします。
特約とは?
普段から車に乗っている方は、事故時に補償を受けるために保険に加入されているでしょう。ここでは、さまざまな特約について解説いたします。
PAP・BAP・SAP
任意保険に加入する際にPAP・BAP・SAPという言葉が出てきます。ここでは、契約時に知っておきたい知識としてPAP・BAP・SAPについて詳しく解説します。